ここから本文です

フィンランド式残酷ショッピング・ツアー (2012)

SHOPING-TUR/SHOPPING TOUR

監督
ミハイル・ブラシンスキー
  • みたいムービー 6
  • みたログ 66

1.68 / 評価:47件

フィンランドへの敬意。シベリウスの交響曲

なぜロシア人をフィンランド人が食うのか、理解不能。ロシアが、かつて支配していた隣国を野蛮、あるいは脅威だとみなしているのか。日本で韓国を極端に軽蔑する本が出版されているのを見ると、ありうる心理ではあるが。

かえって、ロシア人の尊大さを示す映画になっているのではないか。

ところで、私はフィンランドにかなり敬意を持っています。理由は、
(1)関西空港からヨーロッパに飛ぶ5つしかない航空路線の1つを、提供してくれている。ヘルシンキ空港での乗り換えも、合理的に設計されていた。
(2)哲学者スナフキンも登場する、ムーミンの賢いマンガ。
(3)シベリウスの素晴らしい音楽。とくに有名な交響曲2番の、とりわけ3~4楽章の盛り上げ方や精巧な作りは、フィンランド人の能力の高さを示しています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ