ここから本文です

フィンランド式残酷ショッピング・ツアー (2012)

SHOPING-TUR/SHOPPING TOUR

監督
ミハイル・ブラシンスキー
  • みたいムービー 6
  • みたログ 67

1.68 / 評価:47件

フィンランド人は怒っていい(笑)

  • moc***** さん
  • 2014年8月4日 1時19分
  • 閲覧数 1541
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

情報が出た時から気になってた作品でしたが、POVという事とあんまり評判良くないので期待せず見ましたが、それが功を奏したのか楽しめました。
ストーリーはフィンランドでの買い物ツアーに参加したロシア人母子がショッピングセンターでの貸切買い物中に店員達が突如襲いかかって来るという物です。
全編70分と短い作品ですが、最初の30分は主人公母子の口喧嘩等が繰り広げられて特に何もおこりません。この時点で退屈して脱落する人は多そうですね。個人的には国境や免税店でのルール等よく知らない事が知れたりロシアをdisってフィンランドをageる会話等が笑えてそんなに退屈しませんでした。
ショッピングセンターについて事が起こってからはハイテンポでしたね。ツアー客達が次々と襲われ喰われていきますが、残酷シーンは全然ないですね。喰われるシーンもソフトな物で、このタイトルから激しいゴアシーンを期待した人はガッカリするでしょう。個人的にはもうちょっとフィンランド人達との攻防シーンがあればよかったかなと思います。
ちょっとジェシー・アイゼンバーグに似てる主人公のスタース君、多分未成年なのにビール飲んだり口も悪いですが、襲い掛かってきた女店員をフライパンでタコ殴りにした後、その事を引きずることなく呑気な会話をするシーンは大物になるなぁと思わせました(笑)
後半、この事態の真相が明らかになりますがこれヤバいでしょ(笑)フィンランドとロシアの合作なのにこんな設定を許したのはよっぽど仲がいいのかフィンランドはおおらかなのか(笑)最初の方であんなにageてたのに(笑)
ラストのオチもかなりブラックでいいですね。二人はあの後フィンランドに永住するのかな(笑)
前半は何も起きませんし、ゴアシーンもないですし、そんなにコメディしたシーンもないですが、ブラックな設定等に笑わせてもらったので嫌いじゃない作品ですねぇ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ