2014年1月25日公開

ROOM237

ROOM 237

1032014年1月25日公開
ROOM237
3.0

/ 48

8%
25%
38%
19%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

スタンリー・キューブリック監督のホラー映画『シャイニング』は、雪山にある冬期になると閉鎖されるホテルに管理人として訪れた作家の男が、邪悪な力に魅了される物語。この映画史に残る名作の謎を、キューブリックの作品群とキューブリック研究家のコメントによって解き明かす。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(27件)

知的21.9%絶望的9.4%笑える9.4%コミカル9.4%不思議6.3%

  • drm********

    1.0

    ネタバレ納得すんな

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • joz********

    3.0

    ユダヤ人だったことで納得

    スタンリー・キューブリック監督作品【シャイニング】オタクが、自分のウンチクを語っただけの映画です。 ぼくもシャイニングは好きな映画です。 表面的な解釈だけでは説明しきれない「怖さ」がこの映画にはあります。 サブリミナル効果を応用しているという説明には納得できます。 オープニングの「怒りの日」(グレゴリオ聖歌)の曲が流れてくるところから、映画に引き込まれてしまいます。 原作者のスティーヴン・キングが自分の作品とあまりにも違うので、怒って自分バージョンの映画を作ったというのは、オタクの間でなくとも有名な話です。 キューブリックは原作では赤いフォルクスワーゲンだったところを黄色に変え、わざわざ映画の中で赤いフォルクスワーゲンが事故で潰れているシーンを挟んでいたなど、流石のオタク情報だと感心しました。 そういうトリビア情報が満載の映画なのですが、キューブリックがアポロ11号の月面着陸偽装工作に関わっていて、その嘘を映画の中で告白しているという解釈には疑問です。 しかし、ジェノサイドについての告発映画だという指摘は正しいと思います。 あのホテルはインディアンの墓場に建てられていたので、その祟りだということ。 キューブリック自身がユダヤ人であって、ナチスのジェノサイドを描いているというのも納得できます。 キューブリックはIQ200だったと言われています。 映画の中に様々なCueをちりばめていたのは、他の作品でも周知の事実です。 彼のことですから、後世の人たちが、彼の作品についてけんけんがくがくの意見を交わしているのを、草葉の陰から楽しんでいるに違いないでしょう。

  • gxn********

    1.0

    あまりにも・・・

    あまりにも解釈がこじ付けがましく、とても共感出来ない。 観ていて「んなアホな!」とか、思わずツッコミまくっていた。 例えば、ジャック・ニコルソンがホテルの支配人と初めて会うシーンで、 握手するシーンをコマ送りにして、 支配人と机に置いてある本が股間に重なったとこでストップし 「これは支配人が勃起している事を表してるんだ」 みたいな事を得意げに語っているのです。 でも、語っている方は「どうだ!凄いだろ!」と、 言わんばかりに得意げにしゃべりたて鼻に付くし・・・ コレ観てこの解釈を共感できる人の気が知れない。 キューブリック好きだったので、かなり期待したのに・・・ 本当にガッカリしました。 やっぱりちゃんとした関係者が語ったモノを観たいです。

  • jac********

    3.0

    様々な見解が生じる奥深い「シャイニング」

    こじつけと思しき指摘も多いが、なるほどと感心させられる部分もあった。 ホロコーストの意味づけ説は説得力がある気がする。 おそらく編集ミスだと思われる部分もキューブリックの意図があるとの見解があったが、かなりの完璧主義者だったキューブリックがあのようなミスを素通りするかと考えると確かに何かしらの意味があるのかも?と勘ぐらざるを得ない。 ホテルの外観と内観がオーバーラップするシーンは視点を整頓する構図と考えられるが、再生と逆再生のオーバーラップはもう見る側が料理を楽しんでいるとしか思えないがそれもまた良し。 やはり長年人々を魅了し続ける映画はすごい。それは強く伝わってくる。

  • sei********

    3.0

    ネタバレダニー可愛ええ!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ROOM237

原題
ROOM 237

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日