ここから本文です

バービー (2012)

BARBIE

監督
イ・サンウ
  • みたいムービー 14
  • みたログ 70

3.35 / 評価:43件

これは映画にするべき話なのか?

  • ポルティ さん
  • 2020年3月11日 12時05分
  • 閲覧数 692
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

実に救いのない内容で鑑賞後は胸糞が悪くなったが、これはあくまで創作の話であって、こんな酷い話を思いつく監督や脚本家はよほど性格悪いよなあと思っていたら、なんと実話ベースの話だそうだ。いくら企画を思いついたからと言って、無理にそれを実現する必要もないのだが、本当に映画化してしまうところが韓国らしい。
健常者の俳優に知的障害者の役を臆面もなく演じさせたりしているし、一体この国に道徳的、倫理的な表現の線引きはないのかと不快になってしまう。いろんな意味で日本でならこの映画は絶対制作不可能だ。

とはいえ、映画そのものの出来は悪くないからタチが悪い。脚本に粗はあるものの、終始重く暗い展開ながら娯楽味もあるストーリーは確実に視聴者にインパクトを残すはずで、単に好みだけで切り捨てられないクオリティを備えている。
キム・セロンは相変わらず上手いが、個人的には冷淡さと人間味を併せ持った叔父のキャラ造形がストーリーの肝として作品全体の推進役になっていたと思う。

本作のベースになった児童売買、臓器売買は90年代まで韓国で横行していたそうだから凄い話だ。日本人なら思いつくことすらないようなこんな話が映画のネタになること自体、韓国との心の距離を感じずにはいられない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ