ここから本文です

バービー (2012)

BARBIE

監督
イ・サンウ
  • みたいムービー 13
  • みたログ 67

3.37 / 評価:41件

これ程の過酷な内容とは想像できなかった!

  • oir***** さん
  • 2020年8月12日 15時50分
  • 閲覧数 114
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

タイトルとあらすじから軽い娯楽作品と思い込んでしまったが全くの趣旨違い!
以下完全なネタバレ




韓国の女の子を養女にしようとする米国人男性。単純に普通の〝養女”とこちらも思い込むが、どうも訳アリと途中から臭い始める。
その意図が明確化するのはストーリー3分の2を過ぎてから、なんと実の病弱な娘のための臓器移植ドナーとしての養女契約人身売買。しかも心臓なので殺害するのと変わりない!

スマホが普及する時代にまさかそんなことが韓国で起こりうるとは思えないので完全なフィクションであり、韓国人のアメリカへの憧れを揶揄し皮肉る意図を込めた作品と個人的には見做したが、これが実際に起きた事象を元にしているとするなら全く驚くべきクレイジーなお話。

映画そのものは作り手の意図に上手く嵌められてしまったというちょっとの悔しさと、深い感慨しか残りませんでしたね。


知的障害だが二人の娘を心底愛している父親、アメリカ行きを嫌がる家族思いのお姉さん、アメリカに憧れ念願のアメリカ行きを手にする妹(最初はアメリカ行きが決められた姉に嫉妬するが、アメリカに行った後は金を稼いで送ると言うなど彼女なりに家族思い)、欲に駆られた非道な叔父、そして最初は姉と親しく交流しながら父親の真の意図に気づき実の妹助けたさに口を紡ぐことにした米国人少女。
その他卑しい民宿泊り客など全てが合致。音楽も演出も適切。


しかし、感情の戸惑いが大き過ぎて満点にはできず星四つ


ほんと驚きの作品でした。凄い・・・


レビュー投稿後にいろいろ調べてみます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ