ここから本文です

バウンティー・キラー (2013)

BOUNTY KILLER

監督
ヘンリー・セイン
  • みたいムービー 1
  • みたログ 45

3.00 / 評価:26件

愛すべきD級映画

  • tokyo_sy*** さん
  • 2017年9月21日 8時41分
  • 閲覧数 599
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

近未来。巨大企業のお互いの潰し合いのせいで、世の中は秩序も政治も壊滅し、自然も荒廃している。
正にマッドマックスの世界。

九人の正義の評議員が立ち上がり、巨大企業のビジネスマン達に懸賞金を懸ける。賞金稼ぎが集まり、ビジネスマン達を狙い殺しまくる。それが主人公達。

黒髪、バービー人形の様なスタイルと顔、付け睫毛を三セット張った様な目と五分に一度は化粧直しをしている様な厚化粧の主人公ヒロイン。その彼女と訳有りな雰囲気のヒーロー役彼氏。

まあこれは完全にコメディです。

「荒廃した近未来が舞台が良いな」「マッドマックスみたいなのを作りたい」
「殺し屋無双ほ撮りたい」「でもシリアスは無理かも」
な、熱意と趣味の精神溢れる監督のゲテモノ愛が炸裂しています。

しかし一つ気になる点が。
物凄く、しょーもない事ですが・・・

ラストに出てくるラスボスが巨大企業のCEO金髪美女で、主役組ヒーロー役の男性の「元妻」なのです。

彼女は金髪なのですが、髪の根元一センチが黒い!!
こ、これは仕様?映画だからちゃんと根元から染めなはれ。

そして元夫を拉致して会社に連れて行くのですが。
次のシーンでは、「根元の黒髪」が1.5~2センチに伸びているぞ!

そしてラスト前の企業内戦闘シーンでは(時系列的には、上記シーンの5分後位の設定)、根元の黒髪が3~4センチに・・涙なみだ。

そして!!ラストの「ヒロインを撃つシーン」は上記の約二分後位ですが、黒髪がもう後頭部なんて五センチを超えているぞ!!!

凄いよー、誰も気付かなかったんかいな。
撮影中は、徐々に黒髪部分が伸びるから気付かないのか・・
せめてCGで修正しようよ・・・

だがしかし、こんな部分がマイナス評価には繋がらないのがゲテモノCD級映画の良い所。ここも味の一つって事で。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ