ここから本文です

それでも夜は明ける (2013)

12 YEARS A SLAVE

監督
スティーヴ・マックィーン
  • みたいムービー 798
  • みたログ 3,560

3.83 / 評価:2347件

今の仕組みと同じ。

  • hit******** さん
  • 2021年8月14日 18時26分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

書きたくなったのでかく。
昔の自分ならなんてひどい・・こんな制度そして白人のひどさに憤る。
今は形は違うが全く同じことを繰り返されていておびえる対象がほんの少し違うだけ。
人が人をチクるのも同じ、憎しみ合わせたり無気力にしたり。
誰かを助けたいと思う事で苦しむことも。
法律は守られているようで その場で強いものたち強い者にだけ作用する。
教育を受けていながら教えられ見るものに流されて自分の意見が言えずにただ機械的にやらされていることにも気づかない今・・今のほうが悪いんじゃね・・痛みはないけど。
そう、強烈な痛みがないだけで幸せと呼びながら沈没していってる。
沈む実感も人に聞けば痛みを伴うので聞けない。

そしてどっちもいやだが、勇気が出そうなのは・・・こっちと思った。
今の雰囲気勇気出して応援も怖がりパソコンも不自由になって携帯を持たされ行き先を管理されだして・・・

気づく人は気づき気づかない人は気づいてる人に耳を貸さない。理解ができない。もうしばらく平和を楽しんだ後に悲しい時が来ないことを祈る。

そう、これは勇気の映画。あきらめず解決策を見出し行動する。

差別するななどと思い込まされないように、それが映画の狙いだ。
そしてお前は差別対象だということ。その時どうする。
さすがの大衆洗脳アカデミ映画でした。

追記。
真理だけど、人を大切に特に仲間を大切にする。それは立場やお金よりも重要。
まぁ溺れてる人には無理だけど。
映画の迎えに来る信頼できる友達知人、目上の人をほんとうに大切に。
ほうりつに囚われないで行けたらいいね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ