ここから本文です

それでも夜は明ける (2013)

12 YEARS A SLAVE

監督
スティーヴ・マックィーン
  • みたいムービー 795
  • みたログ 3,549

3.83 / 評価:2339件

正しさと善良さの葛藤

  • sei******** さん
  • 2021年10月2日 1時50分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

綿花農場のご主人様が愛するパッツを鞭打ちにする時の葛藤が印象に残った。
「これは罪ではない」と何度も罵っているがその表情からは潜在的な良心との葛藤が伺える。人は置かれた状況、環境により「正しさ」を都合よく当てがうことができる。でも誰かを思いやる心、自身が良い人間であろうとする自尊心がその「正しさ」の行動に反する場合、過度のストレスを感じるはずだ。それは現代社会でも同じ。
今や誰しもがあのご主人様の葛藤を抱え、周りに順応するため優しさや思いやりを隠して生きている。本当は間違っていると誰しもがわかっていながら、現状維持を選択する。このままで良いのだろうか。
勇気あるブラピにはなれないのだろうか。


明日は堂々と、席を譲ろう。
そう思わせてくれる作品。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ