ここから本文です

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 (2013)

INSIDE LLEWYN DAVIS

監督
ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
  • みたいムービー 211
  • みたログ 806

3.32 / 評価:437件

解説

第66回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したジョエル、イーサン・コーエン監督によるドラマ。フォークソングで有名な1960年代のニューヨークはグリニッジビレッジを舞台に、音楽活動に奔走しながらも苦闘するシンガー・ソングライターが過ごす1週間を見つめる。『ボーン・レガシー』などのオスカー・アイザック、『17歳の肖像』などのキャリー・マリガンなど、実力派俳優が結集する。コーエン兄弟ならではのユーモラスな語り口に加え、詳細に再現された1960年代フォークシーンの描写も見もの。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1960年代のニューヨーク、冬。若い世代のアートやカルチャーが花開いていたエリア、グリニッジビレッジのライブハウスでフォークソングを歌い続けるシンガー・ソングライターのルーウィン・デイヴィス(オスカー・アイザック)。熱心に音楽に取り組む彼だったが、なかなかレコードは売れない。それゆえに音楽で食べていくのを諦めようとする彼だが、何かと友人たちに手を差し伸べられ……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

Photo by Alison Rosa (C)2012 Long Strange Trip LLC
Photo by Alison Rosa (C)2012 Long Strange Trip LLC

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」60年代フォークシンガーの通俗を、特別なものへと変容させる猫の映画

 ボブ・ディランにも影響を与えたデイブ・バン・ロンクをモデルにした物語、ということだが、実はこのふたり、ディランのレコーディングを巡って気まずい関係にもなっていて、そのことを知っているとラストシーンのディランらしき人物のシルエットと歌に、思わずニヤリとしてしまう。でもそんな小ネタなどどうでもいい人間世界の話。これは、あたかもルーウィン・デイヴィスという人物を主人公にしているふうを装いながら、実は猫の映画なのである。

 宣伝用のメインビジュアルを見れば、分かってもらえるかもしれない。街を歩く主人公が抱えている猫。しかしもちろん猫を巡る物語ではまったくないし、猫がこの物語に大きな役割を果たすわけでもない。それでも猫の映画だと思わざるを得ないのは、ふと映り込む風景や聴こえてくる周囲の音が、とても人間の目や耳が知覚したものとは思えない一瞬があるからだ。

 もちろん物語はそれとは関係なく進む。60年代初頭のニューヨークに暮らす売れないフォークシンガーは、憎まれ者でもあり、愛すべきピュアな心の持ち主でもある。いかにもありがちと言えばありがち、誰もがいつかどこかで観たり聴いたりしたことのある物語のようにも思える。ピュアな心を抱える故に現実世界とは折り合いが悪く何をやってもうまくいかないが、彼が作り出す作品は一瞬で人の心をとらえる。こうやって書いてしまうと何だか恥ずかしくもなる。そんな時にふと猫が、画面をよぎるのである。

 実際によぎる時もあるし、猫が聴いたとしか思えない、エフェクトをかけられた音がスクリーンを高速で飛び交う時もある。あまりに通俗で当たり前な風景と人物設定が、その時一瞬、反転する。いや、猫によって引っ掻き傷を付けられると言ったらいいか。その傷によって、「通俗」や「当たり前」が特別なものへと変容するのだ。そんな、現実につけられる傷のことを「音楽」と呼ぶのだと、この映画は語る。その傷によって世界の見え方や聴こえ方が一気に変わる、そんな傷。映画を観ることもまた、見ることによって傷つけられることではないかと思う。(樋口泰人)

映画.com(外部リンク)

2014年5月22日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ