ここから本文です

アメイジング・スパイダーマン2 (2014)

THE AMAZING SPIDER-MAN 2

監督
マーク・ウェブ
  • みたいムービー 273
  • みたログ 3,207

3.46 / 評価:2129件

一貫性がなく残念

  • izq***** さん
  • 2020年7月8日 4時36分
  • 閲覧数 263
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

新シリーズ第二作。なんだか一貫性がなく色々残念。スパイダーアクションが見応えあるだけ。
前作でもったいつけて伏線張られていたピーターの父親の話しは、単にスパイダーマンの元の改良蜘蛛を開発して、兵器に使われるのを拒絶して身をくらませたというだけで、前作中に容易に想像できるレベルの内容。
前作でピーターの伯父ベンを殺した男の捜索は一切触れられず。
前作で暴れ回って最後正気になって捕まって尋問受けてたコナーズ博士は結局どうなった?本作で一切触れられず。
なんだか前作の伏線回収が実にお粗末。
前作で登場ないなと思ってたピーターの親友ハリーが登場。ただなんだかよくわからない病を父親から引き継いでスパイダーマンの血を欲しがるという意味不明な設定。最後にゴブリンとしてスパイダーマンと戦う場面もラスボスで出てきた割りに尺も短く意外とあっさりやられる中途半端さ。グリーンの面も被ってないし。電気男エレクトロとの戦いの方が断然迫力あって楽しめた。まずエレクトロとの壮絶な戦いのあと、ハリーが敵で登場、ラストではサイ男のやられキャラが敵として登場、と敵キャラが段々弱くなっていくというのもいかがなものか。ハリーは結局死にもせず最後は刑務所暮らしで謎の男に指示してサイ男とかを街に解き放つというのも、何がしたいのか意味不明。
グウェンとの色恋も、前作で死んだグウェンの父親の言葉を気にして離れたり、でもすぐくっついたりの繰り返しで本当にどうでもいい。
最後はグウェンは、ハリーとスパイダーマンの戦いの中で、時計台から落下してただ単に何するでもなく死亡。ピーターはふさぎ込みスパイダーマンを暫く廃業するが、グウェンのビデオとかみて一念発起してラストでは復活して悪物退治して終幕。グウェンを殺す必要があったのか、と思ったが、グウェンがイギリス留学することになって、ピーターも一緒にイギリス行くって言わせてしまってたので、スパイダーマンをN.Y.に留まらすにはグウェンを殺すしかなかったんだろぉと思った。なんか安易な殺され方。
ピーターはとにかく一貫性がなく、グウェンから離れたと思ったらすぐそれを忘れたかのように近づくし、ベン伯父さん殺した犯人のことなど一切忘れたかのようだし、最後にスパイダーマンやめるのかと思ったら気を取り直してまたやり始めたりと、行動がその時々の気分や気持ちに左右されまくり。
総じてなんだかちょこちょこ考えた設定を、全体的なストーリーのつながりや演出はあまり深く考えずに、安易に色々つなぎ合わせて大作作ったつもりになってるような映画だった。アクションは見応えあり一見凄い映画のような気にもなるが、冷静に考えると駄作の部類に入るのではないだろうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ