ここから本文です

チェインド (2012)

CHAINED

監督
ジェニファー・リンチ
  • みたいムービー 21
  • みたログ 121

3.07 / 評価:86件

連鎖

  • lim***** さん
  • 2019年11月1日 0時35分
  • 閲覧数 481
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

無料配信にて。何かで知って見たいな~って思ってた映画です。
母と息子が乗ったタクシーの運転手は、殺人鬼だった。何処に行くかもわからない、止まってもくれないタクシーが辿り着いたのは殺人鬼の家でした。タクシーから引きずり降ろされ、母が殺され、残された息子は奴隷のように働かされます。一度は脱走を試みるものの、失敗してしまい鎖で繋がれることに。そうして少年は、青年へと成長しました。
まず母親の死が胸糞悪すぎます。ぶっちゃけここを超えたら後は全然平気なんですが、息子の前で気丈に振る舞って、奥に連れていかれて響く叫び声がとてつもなくしんどい。とんでもない男だなと思いきや、どうやらこの殺人鬼も昔父親らしき人に同じことをされていた模様。監禁しているにも関わらず、いつしか殺人鬼は少年を制しつつ、本を与えたり勉強をさせるようになります。
そんなこんなで人間の体について詳しくなった青年は、男の殺人の後始末をし、ある時遂に「お前もやってみろ」と一人の女を与えられます。男の目を盗んで、彼女を殺したふりをして、何とか男を殺し、脱走することに成功しました!
ただ、そこで知ってしまったのは衝撃の事実。実は男は実の父の弟で、そしてその父が自分たちの殺害を弟に依頼したらしい。証拠の手紙を持って、新しい家庭を築き、幸せに暮らす父親の元へ訪れる主人公。父親と殴り合いになり、それを庇ってくれた再婚相手にも襲い掛かる父に、かつての母を重ね、主人公は父を殺してしまいます。普通なら「こんな簡単にやれるか!」って思うのですが、如何せん人間の体について学んできたのだと思うとある程度気にならなくなります。手紙を見て事情を察し、ここから逃げるよう言ってくれる再婚相手。全ての始まりのタクシーと自分が今まで暮らしてきた家のシャッターが閉まり、物語は終幕へ。
殺人鬼が、自分も同じような目に遭っていたこと、父親も同じような本質を持っていたこと、そしてラスト男の目を盗んで死んだふりをさせた彼女が今まで主人公が鎖に繋がれて過ごしてきたベッドのようなところに寝ている様子を見ると、タイトル的にもこれって不可抗力で繰り返してしまうのでは?って思わずにはいられません。ラストも決して爽快なものではなく、しあわせな気持ちは勿論、重い溜め息すら漏れない微妙な後味でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ