リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て!
2.5

/ 24

13%
13%
17%
29%
29%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(5件)

不気味66.7%切ない33.3%

  • fg9********

    2.0

    『え?』 一体、どっちがヤラレタの?

     …あらすじは解説のとおりと書こうと思ったら空欄で、レビュー数も未だ4件のみだ。  よっぽど人目に付かない作品なのだろう。  『リベンジ・フォー・ジョリー  愛犬のために撃て!』というタイトルそのまんまの内容。  愛犬ジョリーを愛していたハリーは、ヤバい仕事に失敗して大金を返済する羽目になり、金の工面に手間取っているうちに、愛犬ジョリーを殺されてしまう。  怒り心頭に発したハリーは、従兄のセシル に協力を仰ぎ、犯人捜しを開始する。  先ずは飲み屋のバーテンダーから情報を聞き出すことにする。  オープニングでイライジャ・ウッドの名前が2番目ぐらいに見えたので愉しみにしていたが、このバーテンダーがイライジャ・ウッドで、犬をバカにしたようなことを口にしたもんだから、あっさりと射殺されてしまい、以降の出番はなし。  主人公のハリーもさることながら、従兄のセシルもイカレポンチ野郎で、アルコール・ドラッグでラリパッパの状態で、老若男女の区別なく累々と死体の山を築いていく。  おいおい、ポリスは一体いつになったら絡んで来るんだい?  と疑問を抱くも束の間、愛犬を殺した犯人に辿り着いて、そいつの家の中に忍び込む。で、銃声が二発鳴り響いてジ・エンド。  『え?』  一体、どっちがヤラレタの?  相撃ちなの?  という訳の解からない作品だった。

  • いやよセブン

    3.0

    たかが犬、されど犬

    精神を病んだ男二人組みが愛犬を殺されたため、犯人を捜し始めるが出合った人を次々と殺していく。 理不尽な話だが、心の病ということで脈絡のない行動の説明はない。 愛犬家にとっては家族同様ということで、ブラックコメディになっているのかも。

  • チャオ

    2.0

    うーん

    もっとコメディのほうを出せばよかったと思う。 なんか中途半端だった。

  • joz********

    1.0

    有害な映画

    Fu○'n S○itな映画である。 題名の通りなら、ブラックユーモアで笑える映画だと思うでしょ? 実に不快な映画である。 藁ってほしいのだろうが、ゼンゼン。 意味もなく撃ち殺す。 いくらフィクションとはいえ、撃ち殺すシーンを見せるには理由が必要だ。 相手が悪いヤツなら、ザマァ~見ろという気分にならないでもないが、女を後ろから撃ったり、命乞いをする無抵抗の者を撃ち殺すのを見せられるのはもうウンザリだ。 この映画を観て、不快以外なんら得るものはない。 はっきり言って、有害な映画である。

  • abu********

    4.0

    なかなか良かったです

    下の方々はイマイチだったようですが、 個人的にはとても楽しめました。 殺された愛犬のために復讐するという話なのですが、 ハリーにとってはただのペットではなく、 完全に伴侶そのものなんですね。 大切なパートナーが無惨に殺されたら、 そりゃ怒りに震え上がるのも無理はない。 でもジョリーは犬ですから、ワンちゃんとの思い出を 語ったりそのために人を殺しまくる様が 実におかしみあっていいのです。 冷静に見ると、誰これかまわず殺しまくってるわけではなくて 相手から攻撃してきた奴をやっつけるという一定のルールを 保っているようなので、なんとなく許せちゃう。 ハリーとセシルはいってみれば掛け合い漫才みたいなもので、 犯人を捜す上でこれまた漫才トリオ(事務所の人たち)やら 夫婦漫才(結婚式の二人)なども出てくるという、 そういう不条理漫才劇なんだと見ることも出来ます。 犬のためにそこまで!?というところから始まって、 終始「変な人たちによる面白会話と妙な世界観」に笑わされる 良質なコメディ映画に仕上がっていたと思いますよ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て!

原題
REVENGE FOR JOLLY!

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-