レビュー一覧に戻る
Seventh Code セブンス・コード
2014年1月11日公開

Seventh Code セブンス・コード

602014年1月11日公開

********

5.0

座頭市現代版

2013年。黒沢清監督。ウラジオストックまで日本でちょっと知り合ったばかりの男を追いかけてきたという女。案の定、男から粗略に扱われたり、怪しい男たちに拉致されたり。日本人が経営する料理屋の世話になることにするが、男を探すことはやめずにいた。すると、、、という話。 なんだか不思議な、設定のおかしな映画だと思っていたら、最後に驚きが待っている。そのおかしな設定につきあって最後まで見せることができるかどうかが勝負。主演の前田敦子のいい感じの無表情が効果的。なんだか感じたことがある感覚だなーと思っていたら、「座頭市」だと気が付いた。生きる意味も目的も失った主人公が、殺しを生業として放浪しつつ、行く先で普通の人々を巻き込んで、哀しみを増やしていく。ぜひ続編が見たい。 長い間見たいと待望していたが、ある動画配信サービスであっけなく発見。偶然の幸福感。

閲覧数220