2014年7月25日公開

GODZILLA ゴジラ

GODZILLA

1232014年7月25日公開
GODZILLA ゴジラ
3.2

/ 4,191

17%
25%
30%
16%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1,918件)


  • hick

    3.0

    人間ドラマ過多だが、カッコいいゴジラの復活

    【当時の率直な感想】 平成ゴジラシリーズに育てられた自分にとっては(昭和シリーズは初期周辺しか見ていない)、ここまであからさまにヒーロー扱いをされるゴジラは新鮮。1954年の出来事も言及され、オリジナルリスペクトな点に好感を持った。なにより98年の「ZILLA」(笑)をリアルタイムで見た身としてはハードルが下がっていて、ヴィジュアル的にゴジラっぽいだけで評価が上がってしまう 笑。 【Too Much Human Drama】 今作の代名詞とも言える「人間ドラマ多すぎ問題」は自分も同感 笑。日本シリーズも特定の家族や人物が毎回主人公になっているので、今作だけを責められないが、それにしてもゴジラの登場が開始1時間後というのは遅すぎる。もっというと、東宝シリーズよりもファンタジー色を消しリアル路線に舵を切っているからこそ、ゆかりの薄い人物が主役になるというのは違和感がある。ハワイでのシーンで日本の子供が迷子になるというくだりも必要性が感じられなかった。 【暗い。見えない】 意図的なのか、リアルでダークな世界観はファイトシーンでもリアルにダーク。灯りのない夜の決戦、土埃の中の戦い、超絶悪天候にも見舞われ、なにも見えない。怪獣たちの姿を見せる事をもったいぶっている演出も相まって、全体像がなかなか把握できない。残念。ただ、視界の悪さはダイブシーンでの心細さや緊張感を生み出してはいたと思う。 【一方、功を奏した「もったいぶり」】 矛盾するが裏を返せば、そのもったいぶった演出はプラスに働いていた場面も。ゴジラにはVIP扱いに近いものを感じ、なかなか姿を見せず強キャラ感たっぷり。登場シーンはもちろん放射熱線のシーンも「くるぞー、くるぞー」的でかっこいい。ただ、知的なゴジラがあまり好きじゃない自分にとっては、ムートーの頭を掴み熱線を口に入れるという器用さは理想的では無かった。(これも、日本ではもっと器用な事をやっているが…)。 【クールなデザイン】 太い体に背びれのとがり具合。ガッシリとした輪郭。"ヒーロー"に相応しいアレンジだったと思う。おもちゃは売れたはず。ちょっと太ってるけど。ハスキーボイスも新鮮だった。それは好きか嫌いかと言ったらよく分からないが。一方、オリジナルキャラのムートーは有機的なデザインとは思えず、どこか宇宙から侵略しにやってきたエイリアンのようであまり好きじゃない。 【クールな音楽】 オリジナルテーマ曲にインスパイアされたような今回のメインテーマが良かった。その他にも臨場感ある楽曲が多用され、結構かっこいい。 【総括】 人間ドラマ過多は理想的では無いにしろ、今作の地に足のついたトーンは意外と好きだった。また、リスペクトを感じるゴジラの扱いには、過去の失敗も相まって、多くのファンが支持できるものだったと思う。自分もその1人。なにより、長らく子供をメインターゲットにしたゴジラ作品しか生み出して来なかった東宝、そして沈んでいった日本シリーズに大きな刺激を与え、貢献した作品でもあるかもしれない。

  • kin********

    1.0

    GODZILLA2014

    GODZILLAなかなか出てこないし、夜行性生命体なのかほとんど真っ暗闇の中で話が進行するから、映像的に何見させられてるか全くわからんし、はっきり言って駄作過ぎる

  • jun********

    2.0

    なかなかゴジラが出てこない

    いつまでたってもゴジラが出てこない、珍しいゴジラ映画。 こういうとこハリウッドはわかってないね、人間は脇役なのに主役にしちゃってストーリー展開するからゴジラがいつまでたっても出てこなくてフラストレーションが溜まる。 ゴジラがスターで主役で、みんなが見たいのはゴジラが暴れるとこなのにね。 この映画作ったやつ、出直して来いよって感じ。

  • tom********

    4.0

    ネタバレハリウッドですね。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kus********

    3.0

    ゴジラに限らず

    ゴジラに限らずですが軍の命令とはいえ、小銃で立ち向かう兵士ってマジで頭悪すぎだと思います。 戦闘機の機関砲とか通用するわけねーべw そう言うつまらない攻撃作戦とかよりさぁ住民の避難に力尽くせよってマジで思うわw 怪獣物とかエイリアンとか現実じゃあり得ん話だけど、そういう無駄な攻撃とか見てると余計にシラけるんだよねw ストーリー的にそういう無駄な話入れてくるからつまらなくなるし、評価下がるw

  • man********

    4.0

    ネタバレ残念。。。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 母里友信

    4.0

    犬顔のデザイン。

    ハリウッド版ゴジラの再リメイク。前回のゴジラは似ても似つかないデカイ爬虫類だったので・・・。今回のは正しくゴジラ、迫力もあって良かった。背鰭を海面から出して移動するシーンや放射能火炎も良かったね。  只、相手怪獣のムートーはデザインが格好悪かった。電磁パルスとかなかなか強そうな設定だが、タガメみたいで強そうに見えなかった。  全体的に暗い、もっとはっきり見せても良かったのでは。

  • jun********

    2.0

    タイトルは「ゴジラvs.ムートー」でいい

    ゴジラは「シン・ゴジラ」しか見たことがなく、元祖東宝のゴジラを知らないので、彼の立ち位置がよくわからないまま今作を見た。 故に、ゴジラが世界を崩壊させる悪者ではなく守護神的な立ち位置で描かれていたことに目から鱗だった。 ただ、それほどゴジラ主体の内容ではんなく、どちらかというとムートーのほうが出張っていたので双方が主役の内容な気がしたのが正直なところ。

  • シネマバカ一代。

    3.0

    世にも奇妙なゴジラ。

    結局ゴジラがどうにかするんかい!! 人が怪獣に銃を撃ちまくろうが何をしようとも全然歯が立たない。ただただ怪獣の迫力が圧倒的だった。後、少し映像が暗い。

  • zar********

    5.0

    ネタバレゴジラとの遭遇とその後。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rjf********

    3.0

    まずまず

    怪獣映画にしてはストーリーが自然だし、バトルシーンはプロレスっぽい迫力がある。また、ハリウッド映画は大抵悪玉が醜いが、ムートーのデザインはなかなか良い。ただしゴジラは首が短いので、東宝の方が好みだ。

  • rir********

    3.0

    暗すぎて分からんゴジラ

    何処で何してるの? ゴジラあまり暴れないし ゴジラブレスが少なすぎる ゴジラの咆哮もなんか変

  • och********

    2.0

    ゴジラは夜行性?

    夜間のシーンが多すぎる。暗すぎて怪獣の動きがよく分からない。日本版ゴジラは昼間でも大活躍だけど、ハリウッド版は夜行性なのか? ムートーも怪獣というより宇宙人みたいで魅力を感じない。渡辺謙さんは存在感あったけど、日本が舞台の場面では本物の日本人中心に描いて欲しかった。 日本の怪獣映画を基準に観てしまうので、物足りない点が多かったです。

  • 匿名希望

    1.0

    ネタバレ何故こんな画面を暗くした?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yfi********

    4.0

    ハリウッド版ゴジラ

    ハリウッド版ゴジラの第二弾。劇場公開当時はかなりの話題作だったこちらの作品。かなり映像も作りこまれており見どころも沢山あります。

  • ptr********

    5.0

    新しい切り口が面白かった。

    内容は王道のVSシリーズを踏襲しながら人間の目線から怪獣を目撃する視点は意外かつゴジラシリーズでは新鮮な設定でした。あと、初代みたいな人類対ゴジラではなく、VSシリーズのリメイクでしたので敵怪獣と戦うシーンは興奮しました。

  • tai********

    2.0

    画面暗すぎ

    怪獣映画だから怪獣メインにすればいいに、人間サイドの話が長すぎる上につまらない。造形は悪くないけど基本だらーんと腕を下げたゴジラが好きになれない。

  • 1048

    2.0

    映像は◎

    特にゴジラに思い入れもないので いい意味でフラットで観れた。 内容的にはどこかありがちで そこにたまたまゴジラ登場!みたいな。 映像的には楽しめた。 ハリウッドの渡辺謙の出演作て イマイチな作品が多いような気がする。

  • sma********

    2.0

    ゴジラ登場はカッコいい

    ゴジラシリーズはあまり好きじゃないですがこれはゴジラ登場がとにかくカッコ良かったです。 ストーリーはツッコミ所多いので無視。 なんかまああちらの方々が好きそうな展開とエンディングでした。 ハリウッドでは常識のハッピーエンドです。 それは別にネタバレじゃないと思うので。 で、個人的にはぶっちゃけつまんなかったです。 終盤にゴジラとメカチックな顔したモンスターが戦うのですが、そのバトルシーンが見辛いのなんの。 画面ほぼほぼ真っ暗で、何やってんだこれ?と困惑しながら見ました。 見せ場のはずのバトルシーンが暗すぎてつまらん事つまらん事。 早送りして決着のとこまで飛ばしても暗いまま。 そしてそんな真っ暗な見せ場の後に朝が来てエンディングで、ほんとワケわかんなかったです。 ゴジラ登場シーンがこの作品の最高潮だなっていうのが感想です。 二度見るのはしんどいですね。

  • vap********

    3.0

    スケール感はいいけど

    ハリウッドですよ、ゴジラ。本編でも日本から物語がスタートして米国へ上陸!期待したのですが、いまひとつ。それは、ゴジラの暴れっぷりが足らん!    序盤、中盤にゴジラや巨大生物が大都市に出現するのですが、アレッ、ここカットという早々の場面切り替え。こりゃ、CG代ケチった?と思ったりしました。後半から終盤では申し分なく暴れますが・・・その際のスケール感の表現はさすがハリウッド。まぁ、ちょっとわざとらしい人間との対比もチラホラでしたが。  主人公の兵士はなかなかいい演技・存在感でしたが、役柄はほとんど役立たずで、唯一の功績もフィーチャーされず、???でした。ゴジラシリーズには定番の予言的科学者は健在で、渡辺謙さんもその一人として安定の演技でしっくりきました。  全体的にゴジラや怪獣といった、とんでもない存在に恐れおののく人間、という構図が希薄で、軍の力で対抗だ!というマッチョなアメリカ人らしい世界観が やっぱり違うかなーと思わせられたというところですね。

1 ページ/96 ページ中