ここから本文です

8月の家族たち (2013)

AUGUST: OSAGE COUNTY

監督
ジョン・ウェルズ
  • みたいムービー 556
  • みたログ 1,010

3.27 / 評価:532件

解放!

舞台劇の映画化ということで、素晴らしいキャストが揃った時点で一定値の評価は確定していたのだが、予想を超える秀作であった。
鑑賞後の感覚は決して良いものとは言えないが、『懐古』と『解放』という壮大なテーマを表現しきった脚本に感嘆。同じく本年の秀作『ぼくたちの家族』が家族の崩壊から再生を描いていたのに対し、本作は取り繕った虚像としての家族の崩壊していく様を現実感たっぷりに描いていく。
ともすれば単に暗い話になりがちだが、そこは名優たちの文字通り豊かな演技によって、変な可笑しみと少しばかりの切なさを有した作劇となっている。
人間関係とはたった『一言』の綻びで、崩れ去ってしまうこともあるのだということを改めて考えさせられる一作であった。
これは言うまでもないことだが、薬中のおばあさんを演じたメリル・ストリープとその娘を演じたジュリア・ロバーツの演技合戦を観るだけでも、十分に満足できる作品である。個人的には厨二真っ只中の、ジュリアの娘役のアビゲイル・ブレスリンが良い塩梅だった。『リトルミスサンシャイン』の女の子が大きくなったなぁと感慨深くもあった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ