2014年11月22日公開

ザ・レイド GOKUDO

THE RAID 2: BERANDAL

R15+1462014年11月22日公開
ザ・レイド GOKUDO
3.5

/ 309

13%
37%
37%
11%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

上層部からマフィアへの潜入捜査を命じられ、組織と関わりのある悪徳政治家や警察関係者を暴き出すことになった警官ラマ(イコ・ウワイス)。囚人を装って刑務所に入った彼は、マフィアのボスを父親に持つウチョと出会って組織のメンバーとして迎えられる。だが、父親に対する反発と野心を募らせたウチョが新興組織と協力することになってから、裏社会で抗争が勃発してしまう。やがてラマは、ゴトウ(遠藤憲一)率いる日本人ヤクザ、ハンマー・ガールやバッド・ボーイといった特殊な殺し屋たちとの対峙(たいじ)を余儀なくされていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(85件)

かっこいい23.6%勇敢18.2%恐怖11.3%スペクタクル8.4%絶望的7.9%

  • hik********

    5.0

    ここ数年でも、最高のバイオレンス・ノワール×格闘アクション映画だ!!!

    総合点数が3.5(2022年4月現在)という半端な点数には驚愕した。 前作は評判の割に大したものでは無かったが、続編の本作は劇的なまでの傑作だった。間違いなく、前作を上回る見事な完成度だったと思う。 と言っておきながらなんだが、確かに、不満点もあるにはある。 ストーリーは随分、毛色が変わってしまって…というかほぼ別物になっている。 前作のストーリーを破綻させるような大胆で衝撃的なオープニングから始まり、日本人俳優も多く出演して、ヤクザ映画ばりの抗争展開になり、いかんせん「アウトレイジ」っぽさは否めなかった。 詰め込みまくっている上に前作よりも50分も長い2時間超えの長尺であり、とどめこのダサい副題である。しかも打ち切り漫画のような幕切れ。 個人的に一番の不満点は、R−18版は必ずセル版にしか無いと言うことだ(レンタル版はR−15)。 はっきり言って必ずR−18版の鑑賞をお勧めしたい。 私はセル版を鑑賞し、双方の比較の動画が付いていたが、これだけ良いシーンを削りまくっていたのかと辟易した。 だが、そういった不満を吹き飛ばすくらい、アクションの完成度は本当に素晴らしかった。 カメラワークもキレッキレであり、前作のもっさりしたアクションが嘘のように、本作は極めて洗練されている。 泥塗れの大乱闘の長回しアクションシーンは、もはや芸術品のようだった。 また、前作は閉鎖的な狭いアパート内での死闘だったが、続編ではトイレや車内など、もっと狭い空間での格闘戦が繰り広げられている。 おまけにカーアクションまで用意されており、ギャレス監督のピカイチなセンスがふんだんに生かされている。 更に今回はキラーマスター、バットマン、ハンマーガールという新たな敵が登場するが、いずれも本作のみの出番というには勿体無いくらいに味のあるキャラクター達だった。 特にキラーマスターとの格闘は必見だ。ナイフとナイフが拮抗するワンショットは何度見てもシビれる。 とどめに、なななんと、前作でマッドドッグを演じたあのヤヤン・ルヒアンが再出演しているという大サプライズまで用意されているではないか!? 一体この続編は、どこまで楽しませてくれれば気が済むのか! 重ねて言うが、必ずセル版のR−18版を観ることをおすすめする。レンタル版のR−15版では無く。 至高の格闘アクションと、往年のバイオレンス・ノワールが楽しめる大満足の作品だった。

  • bpp********

    5.0

    これ以上の技斗はなし!

    今回の物語はディパーテッド(インフェナルアフェア)の焼き直しみたいな設定でマフィアの抗争を描いて複雑な構造にしているが上手く機能していなく少々空振りしている。特に日本のヤクザは空気。有名俳優陣取り合えず出しましたレベルではっきり言ってこんな出番無いなら無名俳優で良かった。ポスターにデカデカと写ってる日本俳優陣はセクシービデオのパケ写詐欺レベル!松田龍平や北村一輝の活躍は全く見れませんのでご注意をw しかしそれを余裕で補う程の格闘アクションがこの映画の最大の見所!前回は閉鎖的な空間でバトルしていたが今回は色々なシチュエーションで闘っているので斬新な高難易度格闘アクションが見られる。瞬きしてたら勿体ないと思えるほどの残酷なスタイリッシュ描写の連続!特に車中戦闘とカーアクションと銃撃戦をミックスさせたシーンは今までに見たこと無い過激なアクション!ワイスピなんてこれ見たら子供騙しですよ!! しかも今回はハンマー女やバット男などケレンミあるキャラとのバトルもあるのでエンタメ度も増している。 正直これ以上の格闘アクション映画は今世紀に生まれないじゃないか? 1作目の緊張感がずっと続くスリラー要素は薄れたがそれを補う技斗や構図の美しさや美術が凝っているので1作目と違う色合いがあってこちらも傑作と呼んでも良いだろう。こんな凄い作品がハリウッド作品では無いなんて・・・ 日本の映画業界の人や俳優の人達は本気でエンタメ映画作った事あるんですか???

  • まめた

    3.0

    アクションはいいが内容は少々散漫

    続編とは知らずに観ました。 潜入捜査官ものに外れはないとは思うけど、 あまりこの映画では活かしきれてないようだ。 三つ巴の権力闘争が起きるんだけれど ちょっと逼迫度合いが薄い。 しかしアクションは見事でそこは大変楽しかった。 インドネシアにも北村一輝に似た人いるもんだな、 濃いからな、と思ったら本人だった。 違和感がない笑。

  • sb5********

    3.0

    ネタバレアクションが浮いたヤクザ映画になった…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • san********

    3.0

    二作目は難しい?

    一作目の印象が鮮烈だったので、見てみました。相変わらず格闘シーンは派手ですが、やはり二番煎じの感は否めません。せっかくエンケンさんや北村一輝など日本の俳優を連れてきているのに、ヤクザが表に出てくる演出が薄いです。松田龍平は、なんかチンピラにしか見えないし。 二作目の難しさはあるでしょうが、もう少し何とかならなかったのかなと残念な感想です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ザ・レイド GOKUDO

原題
THE RAID 2: BERANDAL

上映時間

製作国
インドネシア

製作年度

公開日