ここから本文です

青天の霹靂 (2014)

監督
劇団ひとり
  • みたいムービー 481
  • みたログ 2,823

3.90 / 評価:2,329件

真剣にいい映画にしようと伝わってきた

  • ja0***** さん
  • 2019年6月27日 13時15分
  • 閲覧数 777
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず徹底的にリアリティを追及しようとしているところが好感が持てた
某芸人さんの映画みたいに中途半端なこぼけを挟まないつまり普通に生活してたら言わないだろうことを挟んで無かった
後、大泉洋が過去にタイムスリップした際にすぐ気づいて今西暦何年ですかと聞かないところ
これもタイムスリップしたからといってワーワーキャーキャー騒ぐ映画が多いが
普通大体過去に来たことは察しがつくしあんな感じの反応になるだろう
映画の構成も起承転結がはっきりしていたし、未来が見えるどうこうの伏線もしっかり回収していた
シーン一つ一つに意味があり見応えもあった特に終盤に舞台の上で大泉洋が劇団ひとりに殴られるシーンと病室での柴咲コウの会話は涙なくしてみることは出来ませんでした
配役も劇団ひとりは違和感がないどころ劇中最も存在感を放っていました
あとキス我慢選手権に出られていた岩井?
さんの出演も嬉しかったです
とにかく自分としてはほぼ文句がないのですが一つだけあるとすれば癖がないところかなと思います
傑作映画って少々細部がおかしくてもそれをうち消すパワーがあると思うんですがそのパワーが少々不足していたかなという印象です
もう劇団ひとりさんは監督されないかも知れませんがまたあれば必ずみたいと思える作品でした

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ