ここから本文です

青天の霹靂 (2014)

監督
劇団ひとり
  • みたいムービー 504
  • みたログ 3,227

3.88 / 評価:2651件

鯨を喰って、芸を磨け!

テレビ東京『午後のロードショー』で鑑賞!
2021年3月30日(火)!
地上波初放送!

クジラの肉なぁ……、また食べたいな!

大泉洋は、売れないマジシャンの晴夫!
というか、売れようとしないマジシャン!
結構いいマジックの腕前をしているけど、話術がなく、貧乏暮らし!
母親は、自分が生まれてすぐに、家を出て行った!
父親に育てられたが、もう20年以上、会ってない!
普通の暮らし、平凡な生活なんて、実は難しい!
身につまされる!

警察から電話が掛かって来た!
ホームレスとなっていた父親が、死んだと!
お骨を引き取りに行き、父親がいた河原に行ってみる!
父親が大事に持っていたのは、赤ん坊の頃の自分を抱いている写真!
自分が、何の為に生きているのか、わからなくなってきた!
そのとき、晴天の空から、雷が!
青天の霹靂!

気が付くと、昭和48年!
40年前!
あら、タイムスリップものだったのね!
自分が生まれる半年前の、両親と出会う!

浅草の演芸場で、マジックをしていた、チン(劇団ひとり)とその助手の悦子(柴咲コウ)!
自分が生まれるまでの半年を若い頃の両親と過ごし、今まで生きる意味が見いだせないことを自分の境遇のせいにしていた晴夫は、生きる意味を見つける!

うん、感動した!

ユリ・ゲラーは超能力でスプーンを曲げてたけど、あれはマジックなのかね?
今や、マジシャンって、当たり前のように曲げてるもんね!

そうとは知らずに若い頃の母親に逢ったら、そりゃ惚れるかね?!

映画って素晴らしい!

そいつぁよかった!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ