ここから本文です

青天の霹靂 (2014)

監督
劇団ひとり
  • みたいムービー 502
  • みたログ 3,280

3.88 / 評価:2683件

大泉洋ありきの作品。

  • m.m さん
  • 2021年3月31日 22時18分
  • 閲覧数 283
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

無精者な父親に育てられ、物事ついた時から不運な人生が続き、そのせいか性格がひねくれている主人公、晴夫。「人生こんなもんだ」と諦めながらも、プライドだけは高く、ちょっとしたところで常に見栄をはってしまうのだが、それを演じる大泉洋がはまり役。というより、原作を読んだことないが、インド人のぺぺといい大泉洋をモデルにして作った作品なんじゃないかと思ってしまった。

父の訃報をきっかけに過去にタイムスリップ。周りに恵まれながらもチャランポランな生き方をする若かりし頃の父と、顔も知らない母に出会う。母親は家出したわけではなく、両親から愛されていなかったわけでもないことを知る。

この父親役の劇団ひとりと大泉洋のやりとりがリアルで、2人が作る雰囲気がすごく良い。

地味だが、とても良い映画だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ