2014年3月22日公開

曹操暗殺 三国志外伝

銅雀台/THE ASSASSINS

PG121082014年3月22日公開
曹操暗殺 三国志外伝
2.9

/ 43

14%
12%
42%
14%
19%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)


  • いやよセブン

    3.0

    この時代は何でもあり

    魏の曹操(チョウ・ユンファ)はタテマエとして漢の献帝に服従していたが、実権は握っていた。 曹操を恨む連中は多く、皇帝ですら裏で動いていた。 息子の曹丕はそんな父に不満で、献帝を亡き者にし、あわよくば、と考えていた。 愛妾の霊雎(リウ・イーフェイ)も、恋人の宦官、穆順(玉木宏)と共に命を狙っていた。 老いてきた曹操に一斉に反旗が翻るが・・・。 玉木宏の使い方はもったいない。

  • nin********

    4.0

    ネタバレ悲恋物語

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • edo yabo

    3.0

    活劇はなく、暗く苦悩を描く

    三国志は日本でも人気ですが、日本では吉川英治の小説「三国志」によるところが大きく、戦闘描写や人物表現が、日本人になじみやすくなっているそうです。 中国では、当然のことながら、「三国志演義」が一般的で、この映画も、そこに書かれている216年の曹操暗殺計画を題材にしています。 中国では、2009年に曹操の陵墓が発見され、ちょっとしたブームになったそうですが、遺骨のそばに殉死者と考えられる20代の女性の遺骨があったことが判明し、これがこの映画のヒロインのモチーフになっているようです 曹操の晩年の話なので、いわゆる三国、魏・呉・蜀の壮大なる物語からすると地味な物語と感じました。三国志に詳しい人にはいいのかもしれませんが、俄かファンにはエンターテインメント性に欠けるかもしれません。 物語は、赤壁の戦いの8年後。 魏を治める曹操(チョウ・ユンファ)は、劉備などを破り、事実上の王として君臨していました。 曹操は献帝に魏王の位を与えるように強制し、宮殿・銅雀台を造営して権力を誇示しました。 献帝は、曹操に実権を握られ憤っており、曹操暗殺の密勅を発し、暗殺を企てようとしていました。そして、ひそかに曹操暗殺計画を実行に移します。 穆順(玉木宏)と霊雎(リウ・イーフェイ)は、関中での対馬超・韓遂戦後に騎馬隊に連れさらわれ、陵墓を利用した牢獄で刺客として特訓を受けた二人は密命を受け、それぞれ宦官と侍女として曹操に接近します。 くどいようですが、三国志というと、どうしても活劇を期待してしまいます。 しかし、この映画は陰謀・苦悩・疲弊といったものを表すためか、全体的に暗く、あまりメリハリも感じられません。役者がその人物を見せるといったことなのでしょう。 暗殺を企てる漢の忠臣、実行するべき暗殺者、戦いに疲れた曹操、皆沈んでいます。 曹操の身近にいる霊雎は、権力者ゆえの苦悩を肌で感じ、暗殺に疑問を持ってしまいます。 一方、霊雎には、愛する穆順と平和に暮らしたいという願いがあり、その条件は、曹操暗殺なので、更に苦悩することとなってしまいます。 一応、いろいろな刺客が曹操を襲うシーンなどでは、アクションぽくしていましたが、全体のトーンを乱しているように感じました。 レッドクリフを降板したチョウ・ユンファが曹操を演じています。やっぱり三国志はやりたかったのですね。奸雄と呼ばれたオーラをだしつつも、トップの孤独と苦悩を見事に表現していました。 ただ、英語タイトルのとおり、アサシンである二人は、主役に近い位置づけなのですが、やけに情緒的なのが気になりました。幼少期にとらわれ、殺人マシーンとして洗脳・訓練したならば、目の前のターゲットを即、殺すのではないかと想います。 たとえば、イスラムの少年たちは、何の迷いもなく銃を手にし、打つことができるようになっています。(少なくとも僕にはそう見える。) その穆順を演じた玉木宏が中途半端で、かわいそうなくらいでした。アジアに名を売りたかったのかもしれませんが、僕にはそうは見えませんでしたし、ファンはもっとそう思ったのではないでしょうか。 呂布や貂蝉といった名前も登場し、三国志らしい話もところどころに出てきます。霊雎と貂蝉の関係がベタなのですが、僕の好きな設定だったので、ちょっと嬉しかった。 そして、曹丕により漢が終わり、司馬炎により、魏も終わる。 歴史は皮肉です。

  • gpc********

    4.0

    儚い

    スケールも大きく、歯切れよく、映画の枠内に短時間にまとめてあった。 玉木宏の宦官になる前と後の演技が対照的で力強さから、儚さが加わって 思った以上の存在感だった。 エンドロールの音楽が突然消え、字幕だけになるが、 尖閣問題でややこしくなって日本人スタッフのところを 消去したかったのだろうか。

  • nan********

    5.0

    ネタバレ壮大なスケールと繊細な演技が素晴らしい!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • xi_********

    2.0

    何か新しいことやってください

    本作は12年製作の中国映画で、80~90年代には“亜洲影帝(アジア映画の帝王)”とまで称された周潤發(チョウ・ユンファ)が主演する歴史ドラマです。 例によってセンスもクソもない邦題のおかげで、本作の題材が“三国演義”であることはお分かりでしょう。本作の原題『銅雀台』は、“乱世の奸雄”と呼ばれた曹操が現在の河北省に建てたとされる宮殿のことを指し、ここを舞台に曹操暗殺をめぐる人間ドラマが展開されます。ちなみに、正史では曹操が建てたのは、“銅雀”、“金虎”、“冰井”の三つの銅像であり、“鄴三台”と記されているそうです。 監督の趙林山(ヂャオ・リンシャン)はこれがデビュー作で、09年に北京電影学院を卒業後、長春電影製作所に所属し、主に企業広告で腕を磨いた新鋭です。こんな歴史大作の、しかも商業映画のメガホンを何の実績もない青年監督に任せるとは、一昔前には考えられないことでした。最も、その頃は大陸映画がここまで極端な拝金主義に犯されようとは思いもしなかったのですが...まあ、それは言っても仕方ないですね。 さて、やっぱり新人に巨額の予算を一任するのは怖かったのか、そのスタッフには、アジア屈指の面子が集められています。撮影は張芸謀(チャン・イーモウ)御用達の趙小丁(ヂャオ・シャオディン)、美術は張芸謀の『金陵十三釵』で大陸でも名を挙げた種田陽平、音楽は王家衛(ウォン・カーワイ)の『2046』が有名な梅林茂、衣裳には香港の巨匠・奚仲文(イー・チュンマン)など、実に錚々たる顔ぶれです。これだけの面子に囲まれての初仕事って...よほど度胸なきゃ出来ませんよね(笑) では、長いウンチクをたれたところで、あらすじを紹介しときます。 建安14年、魏。霊雎(劉亦菲)と穆順(玉木宏)は謎の騎馬隊に囚われ、光の差さない洞窟で暗殺者となるべく過酷な訓練を施される。狙うのは、衰退した漢の献帝(蘇有朋)を傀儡とし、強大な権力を手中に君臨する魏王・曹操(周潤發)。10年後、穆順は去勢した宦官として献帝の下へ、霊雎はその美貌を武器に曹操の下へ送り込まれ、やがて来るその時を待つことに。一方、漢の忠臣・伏完(倪大紅)は国のために独自に曹操の暗殺を計画。その娘・伏皇后(伊能静)も曹操の息子・曹丕(邱心志)を利用して暗殺を企む...。 この映画のトーンは、大作映画を名乗るには似つかわしくないほどに暗く、沈んでいます。これは、登場人物のほとんどが“曹操暗殺”を企む陰謀劇であり、一方の曹操も長年の戦いの果て、回りが敵だらけとなった状況に疲れきっているからです。また、ヒロインであり、最も曹操の近くにいる暗殺者の霊雎も、権力者の苦悩に触れ、彼を除くことが本当に正しいのか苦悩し続けます。加えて、彼女は愛する穆順と結ばれて平和に暮らしたいという願いと、それを実現するには望まない暗殺を実行しなければならないという、相反する想いの中で葛藤し続けることになります。 ただ、プロデューサーたちの意向でしょうが、苦しみのドラマの周りで、銅雀台の上空に縄を張って跳躍しながら襲ってくる暗殺者や、陳腐なVFXの乱発など、それだけで興醒めするシーンが多過ぎ。葛藤のドラマなんだから、そんなありきたりの武侠映画じみた演出はよせばいいのに...と、これは個人的な愚痴です。 なので、私が楽しんだのは、何というのか、円熟を感じさせる周潤發の曹操。本作の曹操は、終始誰にも理解されない苦しみを抱え、例えば『レッドクリフ』などのイメージとは違います。しかし、三国演義に親しんだファンも納得するだろう“乱世の奸雄”としての姿は崩しておらず、少なくとも、私は周潤發の曹操を否定する気はありません。 一方で、劉亦菲(リウ・イーフェイ)と玉木宏が演じる暗殺者と、蘇有朋(スー・ヨウポン)演じる昏君(バカ殿)設定の献帝には、もうウンザリ。二人のキャラは10年も洞穴に囚われて過酷な運命を背負わされてるんだから、普通、もう少し人格崩壊してません?献帝も、中国では昏君イメージが定着してるのは知ってますが、あまりに誇張し過ぎでしょう? それとね、ファンの方には申し訳ないですが、やっぱり玉木宏が浮いています。御大・周潤發をはじめ、アジア各地の実力者に囲まれ、まるで子供です。大陸映画で互角以上に渡り合う先輩たち(中井貴一や安藤政信)を見習って欲しいと思います。彼らは、演技だけじゃなく、(完璧ではないけど)言葉もちゃんと勉強していますよ。 『曹操暗殺 三国志外伝』。 言いたいことは色々ありますし、この手の大陸映画に見飽きたってこともありますが、映画そのものが面白くありません。これだったら、私は『レッドクリフ』の方が好きですね。

  • nor********

    4.0

    雰囲気がいい

    レッドクリフ否定派なんでこの作品は良いと思った。派手さはないが映画でやるにはこういう視点の方がコアなファンには好まれそう。チョウユンファの曹操は素晴らしい。 皇帝と二人の場面で腰掛けて思いふける絵は印象に残る。 歴史的な三国志は映画では短すぎるのでドラマに任せて、映画はこのような1つの事件を深く描くのが〇と教えてくれたような作品。 不満は玉木宏が口パク(笑) 拍子抜けしますね。

  • sou********

    5.0

    ネタバレ玉無玉木宏残酷可哀相

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bar********

    3.0

    こういう官製映画も悪くない

    冒頭のレーベルから紅衛兵みたいなデザインが出てきて(俺は何も抗日革命軍の映画を見に来たんじゃねえよ)と思いながら、開幕。 のっけから人さらいあり、義侠心から女風呂に入ってチン斬りの刑と、映画から1,800年経っても、彼の地の状況大して変わってないだろうなあ。 三国志ファンに申し訳ないんだけど、曹操が主役(良い人)。この辺はあんまり異論がないんだけど、命をかけて曹操暗殺を目指した主人公たちが「曹操がいたから、満足に暮らせる」だとか。 う~ん、そうなのか。 でもね、この作品はその1,800年後の政権担当者の息がかかった人たちで作られていること。(いろいろ面倒なこともあるけど、食べることと住むことはとにかく何とかしている、だから政権を倒すのは無駄な抵抗よ)と呼びかけているんだよね、彼の地の人民に。

  • ken********

    5.0

    渋いねー

    三国志好きとしては、この映画の渋さは、たまらない。 チョウ・ユンファの曹操は、深みがあっていいねー。 曹操を暗殺するのは至難の技。 三国志の武将の名前がいろいろ出てきて懐かしい。 派手な映画ではないけど、渋くて好きですね。

1 ページ/1 ページ中