ここから本文です

私の男 (2013)

監督
熊切和嘉
  • みたいムービー 336
  • みたログ 1,706

2.90 / 評価:1229件

神様が許さないんだよ

  • たーちゃん さん
  • 2021年1月4日 14時12分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

最初何の事故に巻き込まれたのか分かりませんでした。

海から避難所に行った少女は泣くこともなく、不自然さを感じました。普通この位の子なら泣きますよね。この子泣かないんです。遺体安置所で偶然腐野淳悟(浅野忠信)と会いますが、全くの他人だと思っていました。そこにいた制服のスタッフから声をかけられたりしていたので、警察官なのかなとも思いました。その後大塩(藤竜也)と会った時に、「竹中の花だ」と紹介したので、知らない仲ではないのかと、良く関係性がわかりませんでした。大塩とは遠い親戚という事と花の家にしばらくいた事がある事を聞きます。
その後花を淳悟が引き取って面倒みる事になります。
結果的には昔世話になっていた竹中家の奥さんに淳悟が手を出して、生まれたのが花だとわかります。

大町の娘小町(河井青葉)と淳悟が付き合っているみたいですが、その描写が長い割に良くわかりません。衝撃的なのは中学生になった花(二階堂ふみ)に指をしゃぶられていて、それを小町に見られていても平気な淳悟です。

中学に行く前の支度をして朝食を食べている花と淳悟がセックスをしていくシーン。突然天井から血が垂れてきて、二人は真っ赤になりながら抱き合います。禁断の愛を表現するのにとてもいい演出効果だと思いました。

またその現場を窓から見てしまう大塩。
大塩は花のために、別で生活できるように手筈を行いそれを伝えますが、花にはそれが許せません。流氷の上を渡り歩いて、逃げてしまう花です。
「そんなの知ってるよ。淳悟が本当のお父さんなんでしょ」
流氷に流されてしまう大塩です。
花は流氷の海に飛び込みます。

ファーストシーンがこの海から這い上がる花だと思いますが、かなり過酷な撮影です。海から上がった髪の毛が時間とともに凍っていくのが見えました。ウェットスーツを着ていたとしても、ハンバじゃない寒さだったんじゃなかったでしょうか。

その後東京に行ったシーンに変わります。
地元の警官だった田岡が訪ねてきて、大塩殺しの手がかりとして花のメガネを持ってきます。その田岡を殺してしまう淳悟。血まみれになって死んでいる田岡のいるところに帰ってくる高校生になった花。
死体をどう処理したのかは分からないまま、OLになった花になります。
この二階堂ふみさん。メイクできちんとOLに見えてしまいます。この色気は何でしょう。この変わり方は凄いです。

OLになった花が着替えるシーンではとてもきれいに整った部屋なので、淳悟と別れて暮らしているのかと思いきや、カメラがパンするとその部屋の隣には淳悟がだらしなく、ゴミだらけの中にいます。
花がボーイフレンドの尾崎美郎(高良健吾)と飲んだ後、タクシーで家まで送ると淳悟が待っています。初対面の尾崎に向かって裸になるように言います。花が抱かれていないかを確認するためです。胸の匂いを嗅ぎ、指を舐めます。花の残り香がしなかったかの確認です。異常です。
そのあとでもう一度尾崎と花がバーで飲んでいるシーンがあります。あそこは?です。あんなことを彼女の父親からされたら、もう付き合わないんじゃないでしょうか。

また今度は別の男性との食事会です。結婚式前夜のようです。
花の隣には婚約者らしい男性(三浦貴大)がいます。
3年別の生活をしているようです。
ですが、テーブルの下では花が自分の足を淳悟の足に触れさせていくのでした。
この時の表情の美魔女的な美しさは堪りません。

スドーリー的には近親相姦と幼児性虐待ですが、浅野忠信さん二階堂ふみさんとのエロチックさが上手く表現された映画だと思いました。
オホーツクの流氷のミシミシ鳴らす氷の擦れ合う不気味な音と、灰色の空が上手く演出効果をプラスしていたと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 不気味
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ