ここから本文です

私の男 (2013)

監督
熊切和嘉
  • みたいムービー 329
  • みたログ 1,683

2.90 / 評価:1214件

家族になりたかっただけなのにどうして

  • kaz******** さん
  • 2021年3月17日 15時28分
  • 閲覧数 979
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

淳吾という男は孤児を拾って育てる優しい男だと思ったが、とんでもない野獣だった。それに抗えなかった花、『家族になりたかった』という思いと女の性は別のものだったのか。
 北海道南西部地震の津波で孤児になった花を拾い上げたのは独身の淳吾だった。それから花が成長し高校生になる。淳吾と長く付き合っている小町はセックスの後、淳吾の服のポケットから贈り物のピアスを見つけるが、それは自分へのものではなく花へのものと知り、別れる。花は男女の性の営みの意味を知ってか知らずか自分から淳吾にキスを求める。ある朝、淳吾と花は近親相姦しているところを『オヤジ』とよばれる大塩に診られる。行く末を案じた大塩は、旭川に居る親戚に預かってもらうよう花を説得するが、花は流氷の海に逃げる。追いかけた大塩に不幸が待ち受けていた。大塩の死は事故ではなく殺人と見なされ、警察官の田岡は花の眼鏡を証拠として淳吾の家に現れる。花を助けたい淳吾は思わず・・・・・・・。
 大塩のオヤジの花への説得は至極まともで、淳吾の性格をよく知っていた。『あの男に家族なんて無理』といい、『感情が人を狂わせることもある』と説得するのだが、花は『嘘のない気持ちで繋がっている』と応じなかった。そして、淳吾も花も『カッとなると見境がなくなる』同じ性格だということも見抜いていた。だからこそ起こった事件だと言える。
 社会人になった花は二人の男性と付き合うが、淳吾はそれぞれに『お前には無理』と言い放つ。花は淳吾から離れて新しい世界に飛び立つことができるのだろうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 不気味
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ