ここから本文です

宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ) (2014)

監督
渡辺歩
  • みたいムービー 114
  • みたログ 254

4.26 / 評価:226件

ウチの兄貴は・・・

  • みなみ風 さん
  • 2014年9月13日 0時52分
  • 閲覧数 2516
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

■はじめに
 前作は鑑賞したが、本作はパスしようと思ってた(原作未読)。でも評価が良いので観ることになった。入口で特典(脚本が書かれた小冊子)をゲット。

■兄弟
 私には3歳年上の兄貴がいる。幼い頃はよくケンカをしたが、今では余り話さなくなった。昔は親が呼ぶように、名前を呼び捨てにする生意気な弟だった。今では照れくさくてそれも言わない。話すのは親を介してする程度、もう二人とも大人になってしまった。大きくなって兄弟で遊びに行ったり、飲みに行ったことはない。今思えば、もっと仲良くしておけばなぁと後悔。

<ブライアン兄弟>
 兄弟で宇宙飛行士。弟ジェイは地球着陸時にパラシュートが開かなくて死んでしまう。小さい頃に兄エディと月面に立つ夢をもつ。仲良し兄弟。

<南波兄弟>
 弟・日々人は伝説の宇宙飛行士ブライアン・ジェイに訓練を受けて、彼の月面着陸ロケットのバックアップクルーに新人で抜擢される。ブライアンの死後、日々人は塞ぎ込んでしまう(ポスターの涙の理由)

 兄・六太は自動車開発の斬新なアイデアを考えたが、田舎へ左遷されてしまう。そこで地元民の車を修理したり、自分の居場所を見つけようとする。
 めちゃくちゃ仲良し兄弟。

■印象に残った場面
・「(豆腐屋の)容器を持って来てください」→「勇気を持って来てください」→兄弟で“勇気のポーズ”をする→更に大人になっての“勇気のポーズ”

・ブライアンが日々人にだけ教えた遺書の隠し場所(宇宙飛行士はいつ死ぬか分からないので、手紙を書くのは聞いたことがある)

■まとめ
 原作やアニメにもない第0話で話題になったが、読んでない私にはピンと来なかった。幼い頃から現在まで色々なエピソードがあったが、少してんこ盛り感があり≪70点≫にしておきます。
 しかしファンには嬉しい映画になったかも知れない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ