ここから本文です

宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ) (2014)

監督
渡辺歩
  • みたいムービー 114
  • みたログ 253

4.26 / 評価:225件

グッドイカす兄弟!!

  • ねじまき鳥 さん
  • 2017年7月23日 0時15分
  • 閲覧数 926
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作&アニメファンとしては大満足のナンバーゼロ。
映画としての評価じゃないかもだけど、映画づくりとして、もしドラマやらの続編やらスピンオフやらエピソード
ゼロをするならぜひともお手本にして欲しい完成度。

本編を知るファンなら大満足のリンクに、本作内だけでも見事な伏線とその回収。

この前振りのおかげで「さよならと勇気の物語」。このキーワードメッセージがぐいぐい浸透します。

これから続くムッタとヒビトの宇宙飛行士ストーリーを思う時、このさよならの重みは増し、またエピソード
ゼロにちりばめられた伏線の数々で、勇気の重みは増します。
私の大好きなアポにも、ちゃんとエピソードゼロが用意されている心憎さ。

宇宙兄弟にはほんと、いつも泣かされてしまいます。
ベタベタの感動ストーリーだけじゃなく、笑いもかなり入っているのですが、ストーリーの核がぶれないのが良いのです。

ムッタの、兄とは常に弟の数歩先を行かなければならない、という意地と自負と空回り。いつもそれをものすごく
不器用で、でも熱い形で弟に示してくれる。
ヒビトは天才型で天真爛漫。なんでも要領よくできちゃうけど、純粋に兄の凄さを信じていて、決して疑わない。
そして、困った時は、必ずその兄の不器用ながらも2人だけに分かり合える熱いメッセージに救われる。

この設定の核が変わらないまま、いろんなことを2人で乗り越えて、同じ夢に向かって目指す姿がいいですよね。

この素敵なナンバーゼロも心のノートにメモっとこ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 勇敢
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ