レビュー一覧に戻る
ポケモン・ザ・ムービー XY 破壊の繭とディアンシー
2014年7月19日公開

ポケモン・ザ・ムービー XY 破壊の繭とディアンシー

762014年7月19日公開

3232********

2.0

ネタバレDP,BWの頃の映画よりは改善されたけど

伝説のポケモンを戦わせるだけの展開はいい加減やめるべきだと思います。大画面で伝説のポケモンがド派手なわざを見せるのが、大切なセールスポイントなのだろうけど・・・。さすがにマンネリ過ぎます。マンネリといえば特典も同じですね。配布限定のポケモンを増やし過ぎたせいで、却って昔配布したものをいろいろなイベントで再配布することが多くなってしまい、「映画でもらわなくてもまた再配布されるだろう」という感じがします。 映画の内容はディアンシーが主役という感じで、サトシたちの存在感が薄めだったものの、雰囲気が明るくてなかなか良かったです。まあ、主人公以外のレギュラーの影が薄いのは、劇場版アニメの定番ですが・・・。 ただ、ゼルネアスとイベルタルについての説明がひどく欠けていて、クライマックスが台無しになっていました。特にイベルタルの扱いが・・・。破壊も自然の摂理なのですね、というようなセリフがあったけれども、このセリフだけではイベルタルの存在意義がはっきりしないし、結局ラストで破壊活動の全てをゼルネアスに元通りにされてしまっているので、イベルタルは完全に悪役として描かれています。落ちも微妙で、イベルタルは無言で去っていくし、ゼルネアスは突然木になってしまう。ただ伝説のポケモンを戦わせたいだけなんだな、とひしひし感じました。 盗賊たちは、無理やり個性を表にだそうとしたようなキャラクターたちだったけど、映画という活躍の短い時間の中では良い判断だったと私は思いました。けっこう目立ってましたね。 他には、メガシンカでの伏線回収はなかなか上手かったと思います。 最近の映画の中では比較的良い作品なのだけれど、ワンパターン化に歯止めをかける出来には至っていません。伝説のポケモンを出すのは必須だろうけど、必ずしも伝説同士で戦う必要はないのでは?

閲覧数1,186