レビュー一覧に戻る
快楽の悪の華
無料配信

快楽の悪の華

TRUGSCHLUSS

-

oir********

3.0

ネタバレドイツ製1.5級程度のスリルサスペンス

一流企業勤務と見せかけ実は男娼仕事で金を稼ぐ。女相手だけのはずが男に買われてしまったことから話がこじれ始める。 その男は内閣環境相の夫、二人のゲイラブ場面を男娼の仲介役が盗撮し、その写真で環境相を強請ろうと画策したがために環境相の黒幕に暗殺されてしまう。 男娼はゲイラブ写真を密かに盗み撮りし、保身のためにその写真を黒幕に送り取引するが、男娼の件を妻にばらすと逆に脅迫され、以前の勤務先:大手法律事務所の顧客データ持ち出しを要求される。 窮地に立たされた男娼だが、男娼の客である未亡人から黒幕の不正取引記録を譲渡され窮地から脱出。 誘拐拉致されていた妻も取り戻し、男娼の件も全てばれてしまったのではあるが、お互いの愛は心理療法を受けながらどうやら続きそう・・・END 本作の最も弱いところは、男娼が以前は成績優秀で一流法律事務所で勤務していたにもかかわらずある不正を犯し解雇され、その後どういうわけか男娼になってしまった必然的理由が不明な点。 頭脳優秀なら別の手立てもあっただろうにと考えるのが普通の心理だろうから。 逆に面白いと感じた点は男娼と未亡人の密会現場を撮影していたのが義姉夫妻の娘というところ。当然黒幕側の盗撮だと思っていたので、なぜ義姉の家にその密会写真があるのかしばらく頭がこんがらがってしまった。成る程ね、だからあの反抗的な娘は伏線的にカメラをいじっていたわけだ。 その他ちょっと間抜けな場面もあったりするが、個人的にはそれほど悪くない視聴感。 同様の米国スリルサスペンスと比べれば落ち着いたトーンだし、家族夫婦愛も過剰にベタベタしていないドライさが感じられるなども肯定点となった。 3.0の三ツ星

閲覧数518