レビュー一覧に戻る
ルパン三世
2014年8月30日公開

ルパン三世

1332014年8月30日公開

saw********

1.0

ネタバレ脚本があまりにも酷く、演者が可哀そう

役者陣はとても良く頑張られてた印象です。 ルパン三世なんて、体のラインが独特で再現しづらそうなシルエットを、小栗旬さんはかなり雰囲気を出されていたし、主要メンバーも峰不二子以外はなかなか再現度が高いと感じました。 ただ・・・作品としては面白くなかったです。 その原因はハッキリしており、ズバリ脚本です。 ルパン三世はアニメ版が今でも毎年作り続けられている訳ですが、 その中には名作と呼べる回もあれば、お世辞にも面白いとは言えない回もあります。 その差は、脚本が面白いか否かの差な訳ですが。 この実写版の脚本では、アニメでの作品化であっても駄作だったと確信しています。 ネタバレになりますが、例えば最後の解決の仕方。 敵に囲まれ絶体絶命なルパン一味。 そこに礼状を持った銭形が登場して敵がピンチになって解決。 は!!???? いくらなんでもつまらな過ぎる解決方法だな、おい。 駄作だったこの作品で役者陣が叩かれる事は気の毒と言うか、悲しかったな。 アニメの作品の中でも「名作」と言われる回に匹敵するようなクオリティーの脚本で実写化させてあげたかった。 良かった所は、ルパンの衣装が赤バージョンだけでなく、アニメ初期に着用してた青緑のも登場した事。 あと中盤でのカーチェイスで、回転しながら指で銃を撃つマネをする演出。 とにかく、映画の1番の土台である「脚本」があまりにもレベルが低い。 これによって、他の頑張りもすべて無駄になってる印象。

閲覧数2,861