チャイルド・プレイ/誕生の秘密
3.1

/ 117

9%
22%
44%
21%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(38件)


  • hik********

    4.0

    ようやく、あのホラーの“チャイルド・プレイ”が戻った!!

    前作は完全にバカ映画と化していましたが、ようやく本作から純粋なホラー性への原点回帰を志向して制作されました。
 チャッキー誕生の秘密が明かされるスピンオフ作品で、劇中におけるチャッキーの回想場面で第1作目の冒頭部分への繋がりが示唆されています。 そして何といっても、シリーズファンならばニヤリとするネタを多く取り入れてくれたのは嬉しかったです。 ラストでは驚きの人物が登場します。 そして非常に遺憾ながら、2以降、ずっとチャッキーの日本語吹き替えを務めてこられた納谷六朗氏の、最期のチャッキーの吹き替えとなってしまいました。

  • 一人旅

    4.0

    第6弾は父vs娘の映画内壮絶バトル

    ドン・マンシーニ監督作。 ドン・マンシーニ原案の旧「チャイルド・プレイ」シリーズ第6弾で、前作『チャッキーの種』(04)までのコメディ路線から原点回帰し、正統派の恐怖演出できちんと怖がらせてくれます。 今回は、とある家族が暮らす一軒家にチャッキー人形が宅配されてきたことを発端に巻き起こる戦慄の一夜を描いた“密室型ホラー”となっていて、一人また一人と家族や知人が惨殺されていく中、人形の正体にいち早く気づいた生まれつき車椅子のヒロインの孤軍奮闘の行方を描いています。 第1作~第3作までの主人公であるアンディ・バークレーを始めシリーズ旧作の登場人物への言及や、チャッキー人形の正体=殺人鬼チャールズ・リー・レイの過去とヒロインとの繋がりなど旧作との関連性を持たせた続編となっているため、ストーリーを良く理解する上で前5作の予習・復習は必須となってきます。また、シリーズを経てより滑らかに動けるようになったチャッキーによる殺人場面はリアル志向でお子様にはハードな描写となっていますが、今回殺される家族は元々歪な人間性&人間関係にあるため、“罪のない幸せな家族が意味もなく殺される”―という胸糞感は幾分抑えられています。 前5作でチャッキーの声を担当したブラッド・ドゥーリフが本作でも声を当てているのは当然のことですが、今回はチャッキーに対峙する絶叫ヒロインをブラッド・ドゥーリフの娘であるフィオナ・ドゥーリフが熱演しているのがユニークなキャスティングとなっています(父vs娘の映画内壮絶バトルが実現)。

  • yap********

    3.0

    帰ってきたチャッキー

    どうせまた。。と思いながら見始めてはみたか、これが なかなか 初代チャッキーをしっかり受け継いだ残酷さと狂気、チャイルドプレイが好きなら必ず見るべき、あの時のあの子か。。となります

  • tsj********

    5.0

    ザ・ホラーって感じでいいです

    めちゃ面白いです。 ここ最近のシリーズはチャッキーの花嫁とか子供とかほんとわけわかんなかったんで、原点回帰というかこれぞまさにホラーという王道の展開もすごく良かったです。 シリーズ最高の作品だと私は思いました。

  • dai********

    4.0

    ヘビーリスナー向け!

    登場する人物など、シリーズをこれまで見てきた人にはオススメ! 初めて見る人にはオススメできない!

  • yxw********

    2.0

    前作を観てないと理解できない

    30/100点  終盤、全く知らない人が出てきて終わります。 調べたところ、前作で絡みのある人物の様です。知らないと(覚えてないと)全く理解できないラストになりますので、観る時は復習必須です。 あと、やはりホラーとしてあまり怖くないです。昔のCGをあまり使ってないチャッキーの方が雰囲気があって怖かったかな。

  • aba********

    5.0

    演出の上手さに心底、惚れ惚れ…!

    旧作27/120本目(2017)。ドンマンシーニ監督の圧倒的な演出の上手さに惚れ惚れする。なぜ「チャイルドプレイ」しかやらないのか。調べても今シリーズ以外は、テレビ映画「ハンニバル3」とかしかしていないらしい。腕があるのにもったいない。とりあえず今年は続編あるようなので、どんな形であれ楽しみ。 好きな点 ・今作のチャッキーの動きは最小限で、実はホラー映画としてかなり高度。ただの物(人形)を動かさないで、どれだけ怖く撮れるかに挑戦している。ホラー演出に長けている熟練の監督にしか撮れない域の作品だと思う。 ・タイトルが出る前後の演出の上手さには、うならされる。血だまりに映る顔のリアクションは良い演出。殺人現場に出くわした主人公から、ゆっくりとカメラがズームアウトすると、ただの人形モードのチャッキーがいる。そのままカメラがチャッキーの周りをまわりつつ、スタッフロール。この間もずっと生き人形を見ているような恐怖が持続されていて、目が離せない。カメラがチャッキーの周りを一周し切った背後で、警察が現場検証と、遺体の運搬を終えようとしている。ダイジェスト的に飛ばすところは上手く飛ばしていて、かつタイトル、スタッフロール等済ましてしまっている辺り、効率的で上手いとしか言えない。素晴らしい。 ・「バスルームのカーテンの向こうに、何かの気配を感じて、ゆっくりと開けてみる」みたいなホラー描写はよくあるが、今作は一歩進んでいる。大抵は「カーテンの先には何もいなくて、安心して振り返ると、いる」みたいなフェイントが定石だが、今作は一周回って、「カーテン開けたら至近距離にすごい顔して、すぐ登場!!」みたいな事になっている。どうせカーテンの向こうには何もいないんでしょ?と舐めて観ていたから、本当にびっくりした。 ・主人公が美女なのに、車椅子生活というあたり、ドンマンシーニ監督のいやらしさとセンスを感じる。 ・親の前で子が口説かれるというシチュエーションの気まずさからの、子供の恋愛を潰す親。「あなたの傷つく姿を見たくないの」。 ・照明の上手さ。屋敷のビジュアルの美しさに圧巻。特に月明かりに照らされ、室内に落ちる柵の影が、なんともいえない不気味な模様を生み出している。場所選びもさることながら、照明と撮り方が巧みだからこそ。 ・いわずもがな、チャッキーの顔面に当たる照明もいちいち最高。 ・女児のトイレを盗み見る、ロリコン野郎チャッキーの血走った目、最高。お人形トークモードのチャッキーのセリフ「抱っこされるのが好き」も悪趣味で良い。真上からのショットも不気味で絶妙。 ・細かい所で言えば、包丁振り下ろす音に合わせて、チャッキーの顔に段階的にズームしていくカット、最高。ただズームすりゃいいものの、あえてカット割っている辺り、センスとしかいえない。 ・チャッキーが駆除剤混入中に扉開けられそうになるシーンが、急にチャッキー視点のサスペンスになる。確かにこのシーンの場合、これが最良の見せ方。上手い。 ・毒盛りパスタに対し、「どこまでズームするんだズーム」が、不穏な音楽も合わせてキマっている。 ・丸テーブルを真上から回転して映す、まるでターンテーブルのようなカメラワークも不気味で良い。 ・物を食べる口元のズームも汚らしくて最高。 ・パスタ食べて、苦し気な「んっ!!」からの「……おいしい!!」という、誰が毒を盛られたフェイントも楽しい。 ・時計音強調カチカチSEも効果的。 ・「抜いたら悪化する怪我」で死ぬって新しい。事故で人の首に突き刺さったボンネット。抜いたら落ちる生首。 ・純朴な子供に言わせる「人生はクソまみれで…」。これが観たかった。「エクソシスト」のよう。他にも、ホームアローン的「子供が、本当のこと言っているのに、信じない大人」エピソードでもあり、楽しかった。 ・子どもがチャッキーの顔にえらい照明の当て方してくれるシーン、シチュエーションもあいまり、恐怖。 ・ナイフを持ったやばいシルエットが近づいてくる恐怖。ホラー映画的で楽しい。 ・「姉妹関係」という人間ドラマがしっかりしているので、そっちだけでも十分観れる。 ・クライマックス。「目と目が近すぎる」もやっと言ってくれた感(笑)。 ・剥がすと本当の顔になるとか、指をかまれそうになるシーンとか、手に汗握った。 ・何が「誕生の秘密」かと思ったら、まさかああ繋がるとは…。ラストのヒロインの絶叫はいつまでも耳に残る名言。 好きじゃない点 ・ビデオ通話のシーン。寝ている子供/夫の前で何してんだ、と強く思った。それのどこが興奮するんだよ。ビデオ通話使って、「志村後ろ的ホラー」撮りたかったんだなぁ…としか思えず、ご都合主義展開に感じた。 ・映画全般に対することだけど「二人きりになった時点で早く殺せよ!」と思っちゃった。傑作映画の敵はちゃんと殺せる時に殺そうとしている。

  • gtu9637

    4.0

    意外と面白かった

    ホラー映画としては、なかなかの出来栄えだったと思います。 チャッキー(人形)の不気味さというものも感じることが 出来ました。 ストーリー的には、そんなに悪い作品ではないです。

  • pow********

    3.0

    ネタバレそこそこ楽しめたかな。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jim********

    3.0

    本格的ホラーかと思ったら

    冒頭からゴシックホラーの様相を呈しており、今までのコメディ路線を転換かと思ったら、チャッキーが喋りだした辺りからやはりコメディへと急転。 でも以前の作品ほど笑えなかった。主役の人や家族の描く方も半端だし、ベビーシッター顔怖いし。アンディーの出方も意味わからん。ゴシック路線で行くかコメディで行くか 、両方で行って半端になってしまった感じ。

  • pum********

    2.0

    ネタバレ効果音と音楽に頼りすぎな印象

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • chi********

    3.0

    ネタバレチャッキーでかい(笑)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sak********

    2.0

    もぉ少し金かけて。。。

    せっかくのチャッキー続編なのにまぁ低予算で収めましたね。。。 撮影場所一軒家の室内のみ、って。。。(印象に薄く確かそれだけでした、確か) もぉ少しお金かけて欲しかった。

  • phantom=soul7

    3.0

    とうとうきたか!

    ・『ジェイソン』がスパーナチュラルのジャレッド・パダレッキでリメイクされ  『エルム街の悪夢』がなかなかの出来で復活。  そして『チャイルド・プレイ』ときたわけです。  こうなると次は『バタリアン』か『ペットセメタリー』かとなってくるわけで。幼いころに次々とトラウマを与えてくれた作品群が乗り越える機会を与えてくれるわけです。笑。 ・賛否あるようですが、内容的にはチャッキーワールドにはブレなく、路線を守っているように思えました。 ・『ジェイソン』、『エルム街の悪夢』もそうでしたが続編があるような終わりかたでした。例外になったようで次回作への布石にしようと思えば、なくはない終わりかたでしたが、解釈次第のエンディングでした。 <2014#086> .

  • awa********

    5.0

    ネタバレ正式なチャッキーの種後の続編

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • uni********

    5.0

    ネタバレえっ…と思わせる展開からの?ドンデン返し

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • f42********

    2.0

    駄作でした

    スターシップ・トゥルーパーズ2、3のようなもんです。 つまらない映画の法則に当てはまると思います。 内容は浅かったです。 長い月日が経つリメイク物はなんでこうなってしまうんでしょうか? 長らく世界の景気が悪かったのもあるでしょうが、多すぎです。 製作者達はもっと作品を大切にしてもらいたいものです。

  • bea********

    3.0

    ネタバレおかえりチャッキー!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kan********

    1.0

    段々コメディに・・・

    最初はやはり真顔のチャッキーは ずっとは見てられない・・・ ってぐらい怖いけど、顔が変わってから~ラストにかけては むしろコメディな感じで(話の内容の無理矢理さも含めて) なんか変な安心感を持ちました(笑) やっぱり1のチャッキーが一番怖いよねぇ~ トラウマになるよねぇ~・・・って感じ(笑) 過去の話を無理矢理組み込んだ感じもやはりなんか変です(笑) いきなりのレズシーンも無理矢理・・・まさかチャッキーの映画でそういうのを含むとは・・・(^^; でもこういう映画に出てくる人達って言っちゃなんですが ブサイクとか安っぽい人がなぜか多い気がするんだよね(^^; でもイアン役の人(ブレナン・エリオット)はカッコイイ☆☆☆☆ ・・・で、ほんまに最後の最後の『あの』シーン。。。 あれはちょっとなぁ・・・昔からのファンとしては結構ガックリかなぁ~と。。。 アンディ役の俳優さんなんかやる気ないし安っぽくなってる・・・(笑) もう映画とかには出ないだろう、出てもほぼワンシーンだけだろう的な オーラの無さ(^^; あの可愛かったアンディが・・・ねぇ。。。 ・・・というわけでチャッキーが完全にツギハギだらけの顔になってからの シーンは全くと言っていいほど怖さ0です。。。 そこで一気に評価が下がるのは言うまでもない(笑)

  • moc********

    3.0

    シリアス路線復帰

    まさか「チャイルド・プレイ」シリーズの6作目が登場するとは思いませんでした。タイトルだけ見るとビギニングっぽいですが、舞台は現代で続編となっています。 ストーリーはニカの家にチャッキーが届き母親がふしんな死を遂げる。悲しみにくれるニカの元に姉夫婦が訪れますが、次々とチャッキーに殺されていきます。 「4」「5」で完全にコメディ路線になっていましたが、今作は一作目などの脚本家であるドン・マンシーニが監督をしており一作目の様なシリアスなホラー路線へ原点回帰しています。チャッキーの声もブラッド・ドゥーリフが担当しているのも嬉しいですね。今回は一作目以来人間だった時のチャールズ・リー・レイも演じています。 チャッキーの表情の変化は相変わらず不気味でいいですね。普通の状態の時でもかなり不気味ですが(笑)今回は顔が綺麗になっているな、と思いましたが後半またツギハギ顔に戻りましたね。 ヒロインのニカが車椅子なのも後半のチャッキーの襲撃の時のハラハラ感を増やしてます。その原因にチャッキーが関わっている設定も面白いですね。ニカ役の女優さんがブラッド・ドゥーリフの実の娘さんなのも面白いですね。後、周りの人間が疑い過ぎ(笑)まあ、「人形が襲ってきた!」って言われても正気じゃねえなとは思いますが。 ただ、今回チャッキーとの攻防が少なかったのは残念かな。一作目の様なボコボコにやられてそれでもターミネーターの如くしぶとく襲ってくるチャッキーを見たかったです。 ゴアシーンもちょくちょく挟まれてますね。 要所要所でこれまでのシリーズのネタが挟まれてるので全作見た人はニヤリとできる個所多いんじゃないでしょうか。ジェニファー・テイリーの出演や出てくるシュチエーション等。 ラストは中々のバッドエンドでしたな。こうまでいいようにやられるとは。 エンドロールの後のオマケは楽しめました。あの坊やがあんなオッサンになるとは。初代主人公が続編でやられるネタかと思いきや流石アンディ!しかし本当チャッキーはアンディに勝てませんね(笑)本編でチャッキーのいいようにやられてたのでこれは爽快でした。 個人的には怖くは無かったですが、初期の様なシリアスホラー路線に戻ったのは嬉しかったです。コメディ路線も嫌いじゃないですけどね(笑)

1 ページ/2 ページ中