2014年5月17日公開

BELLRING少女ハートの6次元ギャラクシー

652014年5月17日公開
BELLRING少女ハートの6次元ギャラクシー
2.0

/ 7

14%
0%
14%
14%
57%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

白熱したライブを繰り広げる人気アイドルグループ、ベルハーことBELLRING少女ハート。ステージの演出としてオモチャのピストルを撃つが、何者かによって本物とすり替えられていたために観客を撃ち殺してしまう。さらに、身代わりで逮捕された仲間のBUTCH(SUPERSTAR BUTCH)がUFOに連れさられてしまう。現場に残された地図を手に、連続する不条理で不可解な現象に混乱するBELLRING少女ハートの面々。そんな中、彼女たちは殺人鬼やモンスターがはびこる6次元の世界へと足を踏み入れてしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(1件)


  • shi********

    3.0

    映画全体から漂う妙な空気は好きだけど…

    タイトル後のあまりにもヘタな歌に度肝を抜かれ、それをフルコーラス歌っちゃうんだから、凄いっていうか空気が読めないっていうか、イキナリ脱力感全開(ファンならこれでいいのか?)。 これはひょっとして狙いなのか? それともベルハーを知らずに観た自分そのものが空気が読めないんだろうか。 ストーリーも脱力感全開で超ユルユル。 一応SFなんだが、特撮はとてつもなくチープで、昨今のCGありきのVFXに目が慣れちゃってると、そのあまりのしょーもないミニチュアに唖然とするはず。 もっとも、そんな映画が好きな方は、この作品は決して観ないだろうけどね。 とまあ、あまりの安っぽさに空いた口が塞がらなくなっちゃったけど、映画全体から漂う妙な空気は意外と好きなんだなー、これが。 特撮に関しては、チープでもいいけど、もう少し耐えられるようなものにしてほしかったけどね(愛嬌があるとか)。 お金はなくても時間をかければ、それなりに見せられるものは作れるハズなんだから。映画に対して愛情があれば、制作費度外視でも作ってくれる有志はいるだろうに。 まさかカルトになるとは思えないけど、シュールなシーンもあるので、ひょっとしたらひょっとするかもね。 あと、無駄なシーンがあまりにも多すぎなのはなんとかならなかったんだろうか。 特に、序盤にブッチがカップ焼きそばを食べるシーンや、ヤクザのくだりはまったく必要ないよ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
BELLRING少女ハートの6次元ギャラクシー

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル