ここから本文です

たまこラブストーリー (2014)

監督
山田尚子
  • みたいムービー 65
  • みたログ 1,165

3.46 / 評価:1197件

文化庁メディア芸術祭新人賞受賞作。傑作。

  • era***** さん
  • 2017年8月21日 8時52分
  • 閲覧数 1160
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

TV版は見ておりませんでしたが、レンタルで鑑賞。

あまりの傑作具合に、ど肝を抜かれた。
ストーリー自体は非常にシンプルで、テレビシリーズを見ていなくても、誰にでも理解が出来る構造でした。
それなのに、どこか「新しさ」を感じる。
これは監督による力量が大きいのだろう。

カット割り、構図、それに伴う演出全てが計算されており、どういうものを見せたいのかが、明確になっている印象で、見ている側も見事にその術中に見事まってしまう。その結果、最後には涙が自然と溢れてしまった。

たまこともちぞうのピュアな関係に、みどりの思春期具合が同時進行で見せられ、またかんなや史織の存在感もちゃんとある。
個人的には、ラストのみどりとかんなが校庭を走って、木に登る感情解放のシーンは印象深い。

これぞアニメーションの力なのだろう。万人に進められる、また、何度も見れる映画であることは間違いない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ