ここから本文です

(2013)

WE ARE WHAT WE ARE

監督
ジム・ミックル
  • みたいムービー 48
  • みたログ 156

2.69 / 評価:112件

思ったより面白かった

  • roumentamashii さん
  • 2015年11月1日 2時09分
  • 閲覧数 1971
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

最初は眠い展開でどうしようかと思いましたが中盤から盛り返しました。
あの青年への少女の愛が本物かどうか計りかねる雰囲気がありその辺の行方などは観ていてハラハラしました。

少女たちの揺れ動く道徳心が観ていてとても切なく心に突き刺さりました。
最初に死んでしまいましたがあの母親はきっと優しいお母さんだったのでしょう、そうでないとあんなに優しい娘には育たないはずです。
(あの父親ですからね)

それにしてもあの隣のおばさんが殺されてしまったのは非常にお気の毒。。。
もう心中しようかと決心していた父親が今まで良くしてくれた隣人をあそこまでしてしまうものでしょうか・・・?
でもあのシーンがあったからこそ娘に食い殺されるツケが回ってきたシーンは因果応報ここに極まれりという感じでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ