2014年4月19日公開

チョコレートドーナツ

ANY DAY NOW

972014年4月19日公開
チョコレートドーナツ
4.2

/ 2,993

48%
34%
12%
3%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1979年カリフォルニア、歌手を目指しているショーダンサーのルディ(アラン・カミング)と弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)はゲイカップル。 母親に見捨てられたダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)と出会った二人は彼を保護し、一緒に暮らすうちに家族のような愛情が芽生えていく。 しかし、ルディとポールがゲイカップルだということで法律と世間の偏見に阻まれ、マルコと引き離されてしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(597件)

切ない23.3%泣ける22.1%悲しい21.0%絶望的6.4%勇敢6.0%

  • もじゃ

    5.0

    泣いちゃったよ

    ルディって俳優さんの演技が良い女優さんぽくて惹き込まれました。 見た後で色々考えさせられる良い映画でした。 差別や偏見が良くないのもわかるけど、育児放棄の方が今後の問題かなと思います。

  • jin.jarmusch

    4.0

    ネタバレ観る価値のある作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • zas********

    5.0

    久しぶりに映画で泣いた

    作り物だってわかってるけどせつなかった。 いい結果を待ってたのに。 3人で暮らした幸せな1年間を8ミリで撮ったような映像をルディの歌にあわせて流すところとか、最後のマルコの様子もただ歩くだけのところとか 70年代はこんなに偏見が酷かったんですよ!みたいに主張しないところ全部うまい。 セットやCGに凝らなくてもこんな素晴らしい映画は作れるんですよってお手本みたいな映画。 ルディの歌みたいに声を張り上げなくても心に沁みる。 そういえばブロークバックマウンテンも当時はゲイは迫害されてた辛い背景だったな。

  • his********

    5.0

    家族ってなんだ

    ゲイカップルとダウン症の男児、血縁関係がない3人が、つかのま一緒に暮らし家族同然の暮らしをする。本当の家族ではないが、愛がある幸せな生活に見えました。本当の母親のもとに戻った男児だが、そこには愛がない。 家族ってなんだろう、と思わされる佳作です。 邦画の『万引き家族』にテーマが近い。作品のラスト、主演のアラン・カミングが舞台で歌うシーン、マイノリティに冷たい社会に対して抗議する姿勢を歌に乗せます。それがすさまじい迫力で、観客の魂を揺さぶります。

  • kin********

    5.0

    自分も偏見がありました。

    認めたくないのですがマイノリティに対する偏見は私にもありました。今は完全になくなったというと嘘になりますが、この映画はそういった立場の方々の姿を投影した作品だと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


アラン・カミングルディ・ドナテロ
ギャレット・ディラハントポール・フラガー
アイザック・レイヴァマルコ・ディレオン
フランシス・フィッシャーマイヤーソン判事
クリス・マルケイ州検察官ウィルソン
ドン・フランクリンロニー・ワシントン(黒人の弁護士)
ジェイミー・アン・オールマンマリアンナ・ディレオン(マルコの母)
ケリー・ウィリアムズミス・フレミング
アラン・レイチンスレズニック判事
ダグ・スピアマンジョニー・ボーイ
マイケル・ヌーリーマイルズ・デュブロー
ジェフリー・ピアースプリット警察官

基本情報


タイトル
チョコレートドーナツ

原題
ANY DAY NOW

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル