ここから本文です

チョコレートドーナツ (2012)

ANY DAY NOW

監督
トラヴィス・ファイン
  • みたいムービー 978
  • みたログ 3,891

4.24 / 評価:2807件

感動の涙ではない…

  • ミニサラダ さん
  • 2020年5月20日 1時10分
  • 閲覧数 6346
  • 役立ち度 12
    • 総合評価
    • ★★★★★

同性愛者の差別は無くならないね。
まず言いたいのはアラン・カミングが演技本当に上手い!
母親のような優しい部分もマルコの為に声を荒らげる部分の感情の乗り方が抜群に上手く見ていると引き込まれていきます。
それと同性愛者の演技力が上手だなぁと思っていたらアラン・カミング本人がバイ・セクシャルで同性婚をしているとの事なので、どうりで演技に熱が入る訳だなと理解しました。
だが普通に上手いです!
作品自体はもっと時間かけて濃密にしてもいいがこの時間でテンポよくいくのも悪くないですね。
この2人が付き合うのは何故?
好きになる部分が見えない?
という意見も見かけましたが、んーどんな人を好きになってもいいんじゃないのかな。
そもそもルディは一目惚れでポールはたぶん最初はそこまで愛はなかったのかもしれない。
職場に来た時ちょっと素っ気なかったように見えたので。
少しづつ気持ちが動き始めて、マルコが居たから二人の愛が繋がっていったように見えるからこの2人が愛し合うのは不自然ではないと思う。
ルディは何故マルコを育てようと思った?
元々ルディはマルコのお母さんが帰ってきてない事を知り母親を探そうとしてた、だけど捕まった事を知り施設に行くマルコ。
最初はマルコが施設に行く事を拒んでる姿はなく、心配ではあるがそこにまだ愛情は生まれてなかったのかもしれない。
そんな時マルコが夜中に1人で歩いてる姿を見かけ、うちに…ママの所に行くと言うマルコをほっとけなくなって連れて来た所から朝食でマルコとお喋りをするうちに愛情が出てきたのだと思うから展開は早く感じると思うが不自然ではないと思う。
それにしても同性愛者というだけでここまで信用されずにここまで酷く言われるのかと悲しみが満ちました。
マルコの前で女装をしましたか?と質問するが、それはハロウィンでただのコスプレなのにそこだけを悪いように言われる。
マルコがゲイというのを隠さないのが普通だと思ってしまうのではないか、という意見も言われてたがそれって悪い事なのですかね?
好きな人を好きと声に出して言えないの心がは狭すぎると思う。
恋人同士だからマルコの前でキスだってしてもいいじゃないか。
それが男性同士だから教育上悪いという考え自体を無くさないとダメですね。
ただ…幸せに3人で暮らしたかっただけなのに同性愛者というだけで暮らせないのは悲しすぎる。
僕はこの作品で泣きました。
感動の涙ではない…ただただ悔しい。
あの厳しい状況になっても最後は幸せに3人で暮らす姿を見れると信じていた。
なのに…。
マルコが好きだったハッピーエンドの物語…僕もこの作品でハッピーエンドを見たかったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ