2014年6月14日公開

春を背負って

1162014年6月14日公開
春を背負って
3.1

/ 546

14%
24%
32%
17%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

立山連峰で暮らしてきた長嶺亨(松山ケンイチ)は、山小屋を経営する厳しい父・勇夫(小林薫)に反発し都会で暮らしていたが、父が亡くなったため帰郷する。そこで気丈に振る舞う母やその姿を見つめる山の仲間、遭難寸前で父に救われ今は山小屋で働く高澤愛(蒼井優)らと接するうち、組織の歯車として働く今の生活を捨て山小屋を継ぐと決める。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(242件)

勇敢15.7%泣ける13.9%かっこいい10.8%楽しい9.7%ロマンチック8.4%

  • pu_********

    4.0

    昭和のテレビドラマ。それで良い。

    演出や音楽、キャラクターの設定、ストリー。どれも全てが昭和高度成長期のようなレトロな雰囲気。 しかし、その頃が日本が一番夢を背負い、明日を信じて懸命に生きていた時代だと思う。 残念ながら、高度成長期以降の生まれなので肌に感じることは無かった時代だけど、きっとこんな風に清々しい気持ちになれる時代だったのだろうと思う。 山という自然の中で、無力な人間がお互いを信じて助け合う。性善説の象徴が山小屋や避難小屋なのかもしれない。 なにかに追われるように生きている現代で、疲れ果てた時に見たい、清涼飲料水の様な映画でした。 きっと、また、見たくなるのだと思います。

  • gxn********

    1.0

    とにかく古い!

    とにかく何もかもが古い! 特に演出と音楽!昭和初期の映画なの?という感じ。 演出は古臭いだけではなく、素人が監督したの? というくらい陳腐! 今時、男女が草原で手を取り合いながらグルグル回るなんて(苦笑) それを笑いながら見守る仲間達というベタさ。 最後もストップモーションで終わるという時代錯誤・・・ 観ていてツッコミが止まりませんでした(笑) この監督の頭の中は、白黒映画の頃で止まっているのでしょう。

  • chi********

    2.0

    思うに

    黒部の太陽,点の記,岳ときて山岳ものつながりで観ました。 まず思うのが俳優陣が超豪華。その豪華さがこの映画にはマイナスに働いていると思いました。 主人公:柄本佑 父親:柄本明 お母さん:渡辺えり 助けてくれるおっさん:間寛平 大阪弁やし ヒロイン:そうだな,黒木華 椅子づくりの友人:もう少し明るい感じで澤部佑 でどうでしょうか。

  • akk********

    4.0

    山の風景

    山を見たいのならおすすめです。 立山の美しい自然が盛りだくさんです。 嫌な人物も出てこず、ゆっくりした映画でした

  • kob********

    3.0

    素人目にも無理があるかな

    そんなに都合良くはトラブルは起きないと思う。 演出が雑すぎる。 山の景色と演技は良かった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
春を背負って

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル