レビュー一覧に戻る
ポンペイ
2014年6月7日公開

ポンペイ

POMPEII

1052014年6月7日公開

bat********

3.0

ネタバレ無慈悲に襲う自然災害は怖ろしかったです

この「ポンペイ」という街は火山噴火で滅んだ、という史実がある以上、壊滅以外の結末はない中、古代ローマの奴隷と貴族という人物たちのドラマや身分格差の恋に、両親の仇を討つ主人公、主人公と仲間の熱い共闘とか身体を張ってヒロインを助けにいく主人公とかを描いたのは巧いな・・・と思いました。 男気だとか死に際のカッコよさも含めて、アティカスの方がマイロより主人公してた気もしましたし、憎たらしさ溢れる貴族コルヴス役のキーファー・サザーランドも印象に残りました。 後半では闘技場は崩壊し、逃げ惑う市民を襲う火山弾。ポンペイの港は大津波に飲み込まれ、火砕流の迫るポンペイ町は阿鼻叫喚になる。火砕流に火山弾に大津波と、映像面での迫力は凄くて見応えがありました。 ラストで、老いも若きも男も女も、身分だって関係なく噴火によって全員滅びるっていうのは、無慈悲で切なく感じて、ある意味平等な気がして、改めて自然災害は恐ろしいなぁと思いました。 あと、最後の終わり方が・・・まさか全員が犠牲になり、誰か一人は生き残ってほしかったなぁと思いました。 まあでも、それなりに楽しめる作品でした。

閲覧数2,219