2014年6月7日公開

ポンペイ

POMPEII

1052014年6月7日公開
ポンペイ
3.1

/ 922

10%
24%
41%
19%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(235件)


  • ter********

    3.0

    ポンペイが滅亡するまでの人々の細かい生き方を知りたかったけど、思ってたのと違った

    たまーにテレビで特集されるポンペイ。そのポンペイについて描かれた作品なので、前から気になってたので見てみることにしました。 あらすじを読んだとき恋愛メインの話しかなと思ったのですが、剣闘士によるアクションがメインだったので、それはそれで楽しめました。 そして見終わっての感想は、 もう少しポンペイに住む人々がどういう生活をして、市民レベルでの物事が知りたかったです。 火山噴火の助長もあったと思います。 ポンペイが滅亡するまでの人々の細かい生き様などの描写を望んでたのに、期待してたのと違ったなぁと思いました。 歴史の映画なので勉強にはなりましたけど、「うーん」という感想です。

  • sak********

    5.0

    ポンペイ

    大災害はいつも突然遭遇するが、その時の文明文化、営み、境遇によらず、死を目前にする人は、その人の生き方、愛や真心が現れる気がする。懸命に生かそうとする最後の「自分の目だけ見てろ」 悠久の時を超えた、一瞬で普遍的な人類のテーマに感動しました。

  • tom********

    2.0

    ヒロインで台無し

    人選ミスじゃないっすか・・。

  • fumi

    1.0

    ネタバレどうしてこうなった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sou********

    1.0

    災害に英雄譚とか…どうでも良い。

    いやぁ…大っ嫌いですな。 消えた都市ポンペイには、当然、いろんな人生があって、それが災害で消えたとしても…、いろんな遺跡から物語を構築していったとしても…、こんなお話に仕立て上げるかね? 登場人物の因果を先に分かりやすく振り撒き過ぎているので、後で回収するんだろうなぁ…ってのがミエミエなのも辛い。 画面上で色んな話が展開する中でアレの伏線回収が終わってないから…こんな展開?とザックリ予想がつくのがどうにもねぇ…。読めたら驚きがないじゃん…。 何より嫌いなのが… 世界中に、火山噴火、地震、津波、その他自然災害で亡くなった人々がいる。 その点で、英雄譚のオマケの為にド派手なCGで構築する映像も嫌いだし、災害をアクションのアトラクション要素にした事も嫌い。 当時のレベルで考えても、映像技術的にも荒いんじゃないですかね? いろんな因縁を構築して、人の因果がどうあれ自然には勝てませんね?って話かと思いきや…。 いやぁ、ヒーロー物語ですか?趣味じゃないですな。

  • beautiful_japan_

    3.0

    ヴェスヴィオ火山の噴火がほとんど描かれていない

    ヴェスヴィオ火山の大噴火によるポンペイ被災を描くディザスター・アクション。 剣闘奴隷(グラディエーター)の戦闘シーンが大部分で、舞台がポンペイである必要がない。ポンペイの火山性地震や火山噴火、それにともなう人々の生活がほとんど描かれておらず、物足りない。 ケルト人剣闘奴隷マイロ(キット・ハリントン)とポンペイ貴族の娘カッシア(エミリー・ブラウニング)のロマンスは退屈。マロイとアティカス(アドウェール・アキノエ=アグバエ)の友情も取って付けた感じ。 火山噴火のCGは作り物感がある。そもそも、メインストリート(バルコニー通り)には、大量の軽石が堆積していたので、本作のように燃えながら飛ぶ火山弾とは違う。火砕流は史実の通りだけど、フィクションが多すぎる。

  • 種村 勝弘

    4.0

    確かにヒロインの女性はねぇ

    でも噴火🌋に向けて盛り上がってたし、噴火の特撮は迫力あったと思います❗️

  • aki********

    2.0

    タ・イ・ク・ツ。30分で録画削除。

    還暦近くまで生きてるとそれなりにいいこともある。 生きてきた経験知で映画にしろ小説にしろ○✕の判断が早くなる、そしてそれは概ね間違ってない。 映画に関しては冒頭20分,30分で大体良し悪しが判別できる、没入感が薄ければ△以下とみてまず間違いない。以降の時間を無駄にせずにすむのでそれなりに合理的。 そういう意味で本作は30分でオシマイにした作品だった…… ヒロインの女優さんがあのお顔立ちじゃーねえ?誰かが頬の高いフグみたいな顔…と書いてたが、思わず笑った。正鵠を得てる、まったく。

  • カエル

    2.0

    噴火の話じゃ無いっす

    騎馬民族の剣闘士がポンペイで恋や剣闘や敵討ちや災害にわちゃわちゃする話 グラディエーターやタイタニックの設定に更にベタ要素を強めにした感じ こういう災害が来ると分かってる系は災害が起きる経緯や、それに巻き込まれる人々のドラマが肝だと思うんだけど、物語後半まで噴火を匂わせる描写は無い(有っても5分程度)ほぼ主人公とヒロインの恋と剣闘に尺が使われる、なので人が死に街が壊れても悲壮感は生まれなかった マジでいきなりドーンだから自然災害による恐怖も実感が湧かない 尺を使った剣闘も主人公と黒人が無双過ぎてハラハラしない 恋も数回言葉を交わしただけで駆け落ち展開ってのは唐突すぎる 全て中途半端なのだ、ベタは良いけどどこにも感情移入出来ないから退屈でしょうがない、詰め込み過ぎだよ つうか「ポンペイ」って題名なら火山がメインだと思うじゃん、ただの添え物だよ、腹立つ 唯一、黒人さんが「俺は自由人のまま死ぬ」と叫ぶシーンは良かった 古代の街並みや風俗を美しく再現してくれたのも良かった

  • kkc********

    4.0

    CGなかなか

    午後ロードで見ました。 酷評が多かったので期待してませんでしたが、傑作じゃなくても十分楽しめました。 特に、CGは大迫力で スペクタクル映画としては、及第点ではないでしょうか。

  • sat********

    3.0

    フグみたいな顔のヒロインと、薄い恋愛とCGか...

    前に見た記憶あるが内容ほぼ覚えておらず、地上波でやってたので視聴 「グラディエーター」のような骨太さはないが、主人公はキツイ人生生きてきて、強くて逞しくてまっすぐなヒーローで、ヒロインは身分気にせず、真っ直ぐで心が美しい女性、で恋愛に剣闘士の悲劇や友情、わかりやすい勧善懲悪の悪役、それにCG全開とはいえ迫力ある火山噴火に大地震など、見所は詰まってる 噴火の過程などは事実と違うし、色々美化されご都合ざんまいだが、史実じゃ無視の気楽なエンタメ作品としては、そんな酷評される内容ではない 恋愛いらん言う人いるけど、むしろグラディエーターと差別化するには恋愛ものにするしかなかったのでは? ならタイタニック的に、パニックアクションに加え2人の恋もちゃんと描けばいいのに、噴火はあくまで添え物で最後だけだし、恋愛もとにかく中途半端 大したイケメンでもなく背も低く、他の剣闘士に比べ特に筋肉ムキムキで目立つでもない奴隷に、ヒロインいきなり惚れるご都合 おまけにこのヒロインが、寄り目で頬骨出てて魚みたいな顔なので、どうも萎える 主人公が惚れる理由も特にないし、2人が恋に落ちる必然性も、キャストもとにかく微妙すぎる 悪役のサザーランドが食っちゃってるし、むしろよりキャラ立ってる黒人奴隷の彼を主人公にした方が、よっぽどインパクトある作品になったのでは? バッドエンド嫌って人もいるだろうが、あれだけ脇役やモブは死ぬのに彼らだけ生き残ったら、どんだけ着都合酷いんだよ!だし(最後までほぼ無傷で来られた時点で凄いご都合だし)、死亡エンドで良かったと思う ただ最後のキスした石膏像は余計だな あんなブスヒロインとイマイチ男でうっすい恋愛見せられキスされてもなんかキモいし、あれで時を超えた純愛みたいにされても、どうでもいい

  • bic********

    1.0

    恋愛要素が邪魔

    いろいろやろうとして全部中途半端になった、という典型的な駄作。 どれを削るかといえば、三文芝居の恋愛要素だよね。これ削るだけで話がものすごくシンプルになるし、ジメジメネチネチしたシーンもいらなくなる。

  • fro********

    2.0

    そもそもタイトルを間違えた感

    ストーリーは途中までは良いです。ただ史実にちゃんと基づいてるかと言われれば正直間違ってる感が強い。死者は2000人ほどと言われているが劇中だと10000人超えてないとおかしいし、そもそも大噴火の兆候は朝くらいからあったから逃げる時間は充分にあった。実際かなりの人が逃げ延びているはず。あんなに死屍累々としてないよ。 ポンペイという街と歴史に魅了されている私としては、感情移入ができなかった。タイトルにポンペイを冠せず、別の街という設定にしたら良かったんじゃないかな…。 タイタニックを彷彿とさせる話の流れが幾つかあった。それが逆にタイタニックがいかに名作であるか、改めて感じざるを得ない。 ラストシーンは拍子抜け。あれ、いらなくない?

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    3.0

    神田うの似のヒロイン

    遺跡の中の人型に似た人がいたのかな? バイオハザードの人が監督。

  • oir********

    1.0

    ハートに響かない米流定型的大スペクタクル

    なんだろね・・ラブロマンスをメインに据えたことで臭い劇になるのは既定路線だったとはいえ、ここまで陳腐だとため息さえ出ないわ。 ポンペイの壮大リアルな火山噴火大火砕流悲劇を少なからぬ期待はしたが、アメリカ主体の英語劇と分かった時点で案の定の「映像処理はある意味見事だがハートに微塵も響かない薄い大スペクタクル」と化してしまった感。 雲仙普賢岳や有珠山などで噴火火砕流の映像記憶がある国民にリアル感を抱かせるには並大抵の映像では厳しいということだろう。 1.2の一つ星

  • Sato_タイ

    4.0

    ジャ、、ジャックバウアー

    としか思えない私はこれからもずっと彼を観てもジャックバウワーと思い続けることになるのでしょうね。 ポンペイ行ってみたくなりました。 20,000人いた市民のうち、犠牲になった人が2,000人という少なさに驚き。全滅だと思っていたから。

  • nisan

    4.0

    ネタバレ良く出来たB級映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tak********

    5.0

    大迫力で楽しめた

    ありがちな展開だけどそれを上回る大迫力の映像で後半は期待以上に楽しめた。 映画館の大スクリーンで観ておけばと後悔するほどに良かったです。

  • カーズ

    3.0

    ネタバレ結末はバットエンド

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wor********

    2.0

    ネタバレ最後の最後に

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/12 ページ中