2014年5月24日公開

マンデラ 自由への長い道

MANDELA: LONG WALK TO FREEDOM

1462014年5月24日公開
マンデラ 自由への長い道
3.8

/ 180

21%
44%
30%
5%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

人種隔離政策アパルトヘイトによって、白人たちが優位に立ち、黒人たちが迫害されていた、南アフリカ共和国。弁護士として働いていたネルソン・マンデラ(イドリス・エルバ)は、そんな差別や偏見が当然のように存在している状況に疑問と怒りを感じられずにはいられなかった。その思いを強くするあまり、彼は反アパルトヘイトを訴えた政治活動に身を投じていくが、それと同時に当局から目を付けられるように。活動は熱を帯び、ついには国家反逆罪で逮捕され、終身刑という重い判決を下されてしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(56件)

勇敢25.6%知的13.8%切ない12.5%泣ける10.0%悲しい8.8%

  • tok********

    5.0

    ネタバレ際は3回結婚してる。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • とし

    3.0

    アパルトヘイト

    2021年2月13日 映画 #マンデラ自由への長い道 (2013年)鑑賞 アパルトヘイト撤廃のリーダー #ネルソン・マンデラ の自伝 マンデラって結婚して、浮気して、離婚して、再婚して、投獄中に浮気された人生だったようです。 なんかそのことが頭に残りました!

  • oir********

    3.0

    白人スタッフが作ったマンデラ物語

    マンデラの生涯はニュースやウィキを見てうっすら知っているようでまるで知らなかったも同然とこの映画で認識させられたことになる。 147分という長尺物でも彼の生涯を全部収めるには不足していたようで、各エピソードの掘り下げは不十分。表面をなぞった感は多少否めない。 それでも、白人大統領や取り巻き達が黒人パワーのうねりを心底恐怖に感じていた「焦り」はある程度伝わってきたかな。 もっとよく知るためにはマンデラ自身の著作などに当たらなければと思った次第。 余談として、白人ファッションの黒人カップルが白人的恋愛シーンを演ずると違和感ありありだが(←我々日本人も同じ)。民族衣装を身に着けたとたんピタリと決まり実にかっこよく美しくなることにえらく感心してしまった。 特別の式典用或いは行事用着物を除き、最早日本人が日常的に身に着ける民族衣装はほぼ消失したと言えると思うが、個人的に作務衣でも着れば今着ているユニクロファッションよりはましになるかなと思ったりする。しかし、作務衣となるとソックスにシューズではおかしいので裸足か足袋に草履下駄となると冬などやはり大変。黒人にとっても民族衣装は現在では大変なことなのかもしれない。

  • usa********

    5.0

    マンデラの人生に星5つ

    神様に選ばれた人なのかな。としか思えないような人生。素晴らしい。

  • grizoumin17

    3.0

    27年

    マンデラのおかげで世界は変わったけど、マンデラ自身が犠牲にしてきたものはあまりにも大きすぎる。マンデラだって本当は家族と一緒にいたかっただろうけど、ここまで自分を犠牲にできる人でないと指導者にはなれないと思う。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ゴールデン・グローブ第71回

歌曲賞

基本情報


タイトル
マンデラ 自由への長い道

原題
MANDELA: LONG WALK TO FREEDOM

上映時間

製作国
イギリス/南アフリカ

製作年度

公開日

ジャンル