レビュー一覧に戻る
マンデラ 自由への長い道
2014年5月24日公開

マンデラ 自由への長い道

MANDELA: LONG WALK TO FREEDOM

1462014年5月24日公開

oir********

3.0

白人スタッフが作ったマンデラ物語

マンデラの生涯はニュースやウィキを見てうっすら知っているようでまるで知らなかったも同然とこの映画で認識させられたことになる。 147分という長尺物でも彼の生涯を全部収めるには不足していたようで、各エピソードの掘り下げは不十分。表面をなぞった感は多少否めない。 それでも、白人大統領や取り巻き達が黒人パワーのうねりを心底恐怖に感じていた「焦り」はある程度伝わってきたかな。 もっとよく知るためにはマンデラ自身の著作などに当たらなければと思った次第。 余談として、白人ファッションの黒人カップルが白人的恋愛シーンを演ずると違和感ありありだが(←我々日本人も同じ)。民族衣装を身に着けたとたんピタリと決まり実にかっこよく美しくなることにえらく感心してしまった。 特別の式典用或いは行事用着物を除き、最早日本人が日常的に身に着ける民族衣装はほぼ消失したと言えると思うが、個人的に作務衣でも着れば今着ているユニクロファッションよりはましになるかなと思ったりする。しかし、作務衣となるとソックスにシューズではおかしいので裸足か足袋に草履下駄となると冬などやはり大変。黒人にとっても民族衣装は現在では大変なことなのかもしれない。

閲覧数346