ここから本文です

猿の惑星:新世紀(ライジング) (2014)

DAWN OF THE PLANET OF THE APES

監督
マット・リーヴス
  • みたいムービー 330
  • みたログ 2,273

3.85 / 評価:1,524件

前作があったからこその面白さ

  • sea***** さん
  • 2014年9月9日 12時50分
  • 閲覧数 1996
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

「猿の惑星:新世紀(ライジング: Dawn of the Planet of the Apes)」を見に劇場に足を運んだ。
全米での興収は、2億6百万ドル、現時点で2014年度の全米興収第7位という好成績となっている。制作費は1億7千万ドル、十分に成功した映画と言えるだろう。世界興収は6億4千万ドルを超えていて、こちらも2014年世界興収第7位という成績。日本での公開は9月19日からのようなので、まだまだ上積みが見込めそうだ。

IMDbのレイティングは8.1、今年劇場で鑑賞した映画で最も面白かったのがトム・クルーズ主演の「オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow)」だが、8.1は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」と同じ。そのレイティングの高さから、かなり期待していた作品だ。ちなみに前作「創世記(ジェネシス)」のレイティングは7.6だった。

リブートされた新シリーズは三部作となる予定だと聞いている。前作で何故類人猿の知能が発達したのか?何故人類は死滅してしまったのか?という旧シリーズの疑問に対して割と明快な答えを用意したため、本作は娯楽大作に集中できており、本作の評判が良いのも前作があったからだと言える。

類人猿のリーダー・シーザーが望まぬままに人類との戦争に突入して行くまでを描ききってある。二時間十分の長い上映時間なのだが、一気呵成に最後まで退屈せずに見ることができる。

パフォーマンス・キャプチャーでシーザーを演じているアンディ・サーキスが上手いのは前作通りだが、本作では時流に翻弄されるシーザーの息子ブルーアイズの表情もまた見事だった。誰か役者が演じていたのか、それとも表情まで完全にCGなのか映画を見ていて気になった。

難点は少々展開が読めすぎる点くらいだろう。

これで第三弾は類人猿対人類の戦争が描かれるのだろう。結末の分かっている物語をどう締めくくるのか、難しいところだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ