ここから本文です

猿の惑星:新世紀(ライジング) (2014)

DAWN OF THE PLANET OF THE APES

監督
マット・リーヴス
  • みたいムービー 331
  • みたログ 2,256

3.86 / 評価:1,508件

物語は仕方ない点が好き。他は。

  • ntt***** さん
  • 2019年4月1日 8時05分
  • 閲覧数 167
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

物語以外が配役、演出など
良い所が感じられないのです。

物語は葛藤やNO2の苦悩や父親尊敬や
人種を跨った友情とか
いろいろありすぎているが良い。

しかし、切ないのねん。
まあ、そうなるよね。
という最終的には敵同士になるという終わり方。

どれくらいの人間が生きていて
どれくらいのサルが生きている
のかわからない。

でも、人間が起こしたしまつを結果的に
サルにしまつを押し付ける
人間ってエゴなのねん。


ーーー
サルの関係で病原菌みたいなのができて
人間が死んでいく
知性を持ったサルが出てくる

生き残った人間の一部が電力欲しさに
サルの地域の電力施設に目を付ける。

一部の人間が交渉を行う。
銃の持ち込みや暴発してしまうなどで不和がありながらも
リーダー性の高いサルに助けられ
電力回復したところで
もともと火種があったサルの中での人間攻撃すべし
銃の練習する人間
ぶつかりあう。

人間劣勢の中
リーダーサルを人間が助けて
リーダーサルが再度サルをまとめるが
犠牲が出てしまってはしょうがない

リーダーサルの方が賢く
サルの方から戦争を犯してしまった
もう後戻りはできない

という悲しい現実をいい
きっと軍がきてサルが結構やられるというストーリー
を書かずに終わらせた。
これ以上の戦いは知識レベルがまだまだなサルでは
一方的な戦いになるので
ここで終わらせて良かったと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ