ここから本文です

猿の惑星:新世紀(ライジング) (2014)

DAWN OF THE PLANET OF THE APES

監督
マット・リーヴス
  • みたいムービー 328
  • みたログ 2,286

3.86 / 評価:1,535件

2016年に見た凄い映画その5

  • pop***** さん
  • 2016年2月10日 23時09分
  • 閲覧数 1153
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

言葉を理解し、話す、ということはもはや人間である。それが猿の姿をしていようが、精神の上では人間とまったく同等の存在である。理性のはたらきや倫理観がそなわり、善悪や損得を区別する、自分自身と他者、集団を切り離したり、あるいは同一視し、行動する猿、つまり人である。彼らが文字を修得すれば、プラトンやデカルト、カントなども理解するであろう。ビートルズを聴けば、中には身をのけぞらせる者も現れるであろう。そして映画「猿の惑星」を観たならば、おおいに盛り上がるにちがいない。

要は、人と人とが対立し、争う物語で、猿がどうということは、実は作品の本質にはあまり関係がないのである。

その5 猿の惑星:新世紀(ライジング)
その4 日本の悲劇
その3 アラバマ物語
その2 天空の城ラピュタ
その1 お早よう

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ