ここから本文です

劇場版 テレクラキャノンボール2013 (2014)

監督
カンパニー松尾
  • みたいムービー 69
  • みたログ 190

3.48 / 評価:143件

99%AV、残りは人間を撮る

  • さん
  • 2015年1月7日 17時21分
  • 閲覧数 5493
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

カンパニー松尾さんが、挨拶で言った言葉です。

やるかやわないかで、人生が決まる

そうなのです。やっていける奴らは、強い。
行動に移せるやつは強い。進んでいくことに意味を持ちます。
確かに、ほとんどAVです。
性を売り物にしています。
ですが、割と一般的にキツイであろう女性とヤる彼らのプロ精神と、
上記のようなことを「えっ?そう?」と軽くとらえることができるほど
SEXというものを、重要視してない点が私には新鮮でした。

愛=SEXなんて考えは、ないです。
けれど、SEXの中に、愛は必ずしもあるように思いました。
それは彼らがSEXするときや、ピロトーク中に感じました。

10時間版も見ましたが、私的には劇場版を推します。
出会いによって、少しでも考えや知識、感情が動く、
そういうことを目にすることが出来る映画です。

始まりも、技術はすげーってなります。
いらんだろと思われる方も多いとは思いますが、
男って馬鹿なんで。
かっこいいって思ったら、入れちゃうんです。
意味なんてない!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ