ここから本文です

セインツ -約束の果て- (2013)

AIN'T THEM BODIES SAINTS

監督
デヴィッド・ロウリー
  • みたいムービー 14
  • みたログ 134

3.17 / 評価:72件

テレンス・マリックかと思った

  • オーウェン さん
  • 2015年5月26日 18時41分
  • 閲覧数 1152
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

何だかアメリカンニューシネマのような空気だが、舞台が70年代のアメリカというのも関係しているのか。

逃亡犯とその恋人。
その恋人に迫る警察官という三者のトライアングルで描くロードムービー。

当然決着は銃でということになるのだが、ハッピーエンドになるような雰囲気が最初から見えない辺り監督の演出か。

その監督だが最初テレンス・マリックとしか思えないほどの映像美。
詩的という言葉がピッタリ似合う。

悲劇という感覚をあっさりと仕上げる演出。
この監督の次回作には注目したい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ