ここから本文です

セインツ -約束の果て- (2013)

AIN'T THEM BODIES SAINTS

監督
デヴィッド・ロウリー
  • みたいムービー 14
  • みたログ 135

3.18 / 評価:73件

面白いんだか面白くないんだか、よう解らん

  • fg9***** さん
  • 2017年4月5日 15時07分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 70年代の米国テキサスが舞台で、主人公のボブ(ケイ シー・アフレック)とルース(ルーニー・マーラ)は、これまで散々悪事を繰り返してきたが、ルースが妊娠したことを契機に、後1回限りで止める筈の最後の強盗で警官たちと銃撃戦になり、ルースの放った弾が警官の肩だったかを撃ち抜いてしまった。
 咄嗟の判断で、妊娠していたルースを庇って、ボブが身代わりになりボブだけが逮捕される。
 やがて、ルースは女児を出産するのだが、ルースが撃った警官が、事情を知ってか知らないでか、ルースをそっと見守り続け、やがて恋心を抱くようになる。
 このアタリの事情がよう解らんかった。
 それから4年後、ボブが脱獄したとの知らせが舞い込む。
 当然、ボブの野郎はルースと娘に会いにくるだろうと、警察は張り込んでいる。
 それを百も承知しながら、ボブがノコノコ現れるのを、愛情一杯溢れていて切ないと見るのか、見境なしのおバカさんと見るのか……あぁ、なんだか書くのが億劫になってきたので先を急ごう。
 ボブとルースには育ての親のオヤジがいて、もう、これ以上ルースに近付くな。
 近付いたら殺すと、実際にならず者をボブに向けて解き放つ。
 で、ならず者たちに撃たれ、娘の5歳の誕生日に瀕死の重症のうちにルースの家に辿り着いたが、生息吐息、ルースの腕の中で息絶えるという、面白いんだか、面白くないんだか、よう解らん作品だった。
 繊細に、叙事詩的に綴ろうとしている意図は解るのだが、ルーニー・マーラの母親役という設定も、なんだかな~という感じで、書くことに熱が入らない作品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ