セルフィッシュ・サマー
2.8

/ 43

5%
21%
30%
35%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(9件)

コミカル25.0%切ない25.0%かわいい12.5%笑える12.5%ロマンチック12.5%

  • oce********

    2.0

    地味なんだけど

    基本出てくる人間は2人だけであり、道路整備の作業員が延々と工事をしながら会話を重ねる。 もちろんドラマはあって、アルヴィンとランスはそれぞれ現地を離れる出来事が起きる。 その都度お互いの仲は悪くなるが、これを会話でしっかりと収めさせる。 恐らく映画的な展開からしたら、どちらかが相手を殺めるだとかしそうなものだが、敢えてそういうことはしないようにしているのだろう。 ポール・ラッドとエミール・ハーシュの間の雰囲気は悪くない。 とはいえこれを地味の一言で切り捨てることも出来る。 とはいえ山火事のせいで道路を整備している観点からも、明るい兆しが見えるラストは悪くない。

  • tat********

    2.0

    中高年男性向け・自然の情景が美しい

    中年男が一皮剥けるストーリー。 自分が信じていた「自分」が失恋をきっかけに崩れ、本当にやりたかった事を発見する。 描きたい内容は良いのだが、仕事仲間のノーテンキな相棒とのやりとりで目覚めて行くストーリーが貧弱。 映像は美しい。小さな生き物から広大な自然までとても綺麗だ。 音楽も、静かでしっとりとしていて良い。

  • yok********

    3.0

    予想外の。

    もっと、ハッピーでお気楽なものかと思いきや、予想外な展開で面白かったです。道路にセンターラインを引く仕事と人生は計画通り、期待通りには行かないという構成が良かったです。ただ、仕事道具は大切にしてほしかった。アメリカ人のそういう所が苦手。

  • rec********

    1.0

    ロードムーヴィーは時として恐ろしい

    申し訳ありませんが、いくら国際映画祭で監督賞を受賞されても私は買いません 日本未公開らしいですがその選択は正しかったようです。 ロードムービーは嫌いではありません。 むしろムービーは須らくロードに拠るものではないか、と思ってるくらいです。 ですがロードムービーには観ている私達に何かを(掴ませる)という宿命を背負っている筈。 それはこんな場で引き合いに出すのはあまりに残酷ですが、ジョン・フォードの『捜索者』一本だけでも明白です。 そもそも何かを(掴まえた)経験の無い者が観ている私達に(掴ませる)所業なぞ出来る訳もない。 ロードムービーの怖い所は単なる映画好きが撮ってもそれらしい体裁を整えるのが可能な点にあります。 だからこそ国際映画祭では受けがいいのでしょうか?

  • por********

    4.0

    観る価値十分ある作品

    山林火災で すべてを失う年配女性 良くわけのわからない爺さんのトラック運転手 道路に センターラインを引く仕事の二人の関係に さりげなく絡めて 傷ついた それぞれの人間を描いていく 静寂な中に身を置くのか 喧噪を求めるのか こういう手法の映画は とても好きなのです

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ベルリン国際映画祭第63回

銀熊賞(監督賞)

基本情報


タイトル
セルフィッシュ・サマー

原題
PRINCE AVALANCHE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル