ここから本文です

聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY (2014)

監督
さとうけいいち
  • みたいムービー 37
  • みたログ 199

2.97 / 評価:269件

ターゲット層が分からない…

  • tonkie** さん
  • 2018年4月29日 15時12分
  • 閲覧数 508
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

名作、聖闘士星矢で最も盛り上がる黄金十二宮編を
現代風にフルCGでアレンジした今作。
映像が綺麗でアクションも見応えがあると思ったが、評価できるのはそのくらい。

アメコミの実写映画、欧米のCGアニメ、近代SF、JRPG
製作陣がどんな物に影響されて今作に携わったか
開始10分でこれだけ思い付いてしまう程色々と詰め込んでいる。
そして全て中途半端である。

まず誰をターゲットにしてるのか分からない。
原作ファンを狙っているにしては内容が薄すぎだし
そもそもあの黄金十二宮編を1時間30分にまとめようというのが土台無理がある。
なので敵である筈の黄金聖闘士達が異常に物分かりが良く
展開も辻褄合わせのカットだらけで物足りない。
よって、原作ファンがメインのターゲットではないだろうと思った。
では、新たな層の新規参入がメインターゲットなのだろうか?
それにしてはやはり不親切な部分が多いように思う。
ブロンズとゴールドの圧倒的な力の差
ブロンズが十二宮に挑む事の無謀さ
聖衣を脱いで戦う事のリスク、
瞬と一輝の関係
氷河とカミュの関係
紫龍とムーの関係
セブンセンシズなど
原作を知らなければ付いていけない要素が盛り沢山で初見の人には大変不親切である。
よって、どういう層がターゲットなのか分からない変な映画である。

其々の聖闘士の聖衣(クロス)のデザインは賛否を呼ぶだろう。
電子制御でもしてるかのようにカシャカシャ動き
内蔵イルミネーションも相まって定期的にメンテが必要そうな程現代的である。

以下原作ファンである自分の個人的な不満、疑問点

キャラデザが日本風なのに動きがオーバーリアクションで違和感。
一輝が弱い、特別感が全くない、マイルドヤンキーでキモい。
ミュージカル入れんな。
城戸沙織の声をその辺の小娘に担当させるな。気高さが足りん。
ミロはどうした?あの女誰!?
天秤の聖衣出ないんかーい!
魚不遇すぎ!!
最後のラスボス意味不。

以上。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 勇敢
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ