レビュー一覧に戻る
バイオレンス・マウンテン 凌辱の山

β-カロテン

2.0

ネタバレ台詞ほとんど無しに驚き

先日、『ネバタ・バイオレンス』を観たので、その流れで特に何も考えず雰囲気でレンタルしてしまいました。 映画の雰囲気や内容は真面目で切なくて、それでいて画が綺麗でちゃんとしています。 でも、動きがなくて凄くつまらない……(^^; まず、冒頭の何でもない生活シーンが長いです。ほとんど皆、喋らないので、色々思うであろうシーンもひたすら映像のみを観させられるだけなので、うーん……って感じで飽きてきます。 肝心の内容に入っても、反撃するわけでもなく姉弟で山中を逃げるだけ。弟くんも、もう少しお姉ちゃんに迷惑かけないように出来ないかなぁ?少しイライラしてしまいました… 早く姉弟を助けてあげてよ(´△`)と思った、唯一、期待した調査員のおば様も、最後の最後まで特に何もしてくれずガッカリでした。 全体的に面白いシーン、盛り上がるシーンが全く無く、淡々とBGMと効果音だけで終わります。ここまでほぼ全員台詞無しで制作したのは凄いなと思いますが、人には自信を持って面白かったよ!と勧められないのですみません(;^_^A 最後、主人公のお姉ちゃん。 服を脱ぎ捨て全裸で登場!の意味が分かりません……男達に散々あんなことされた上に証拠隠滅の為に殺害しようと追われてるんだから、もう服は意地でも脱ぎませんよ。 安易にポイポイ全裸になる彼女にも少し違和感を感じました……(;・∀・)

閲覧数225