2014年4月19日公開

パンドラの約束

PANDORA'S PROMISE

872014年4月19日公開
パンドラの約束
3.5

/ 11

36%
9%
18%
36%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

反原発の立場から原発肯定に転じた映画監督ロバート・ストーンは、多くの環境保護論者たちが地球温暖化の観点から反原発を撤回し、原子力支持へと転換した過程を追う。さらに福島の立ち入り規制地域など世界各地で取材を敢行し、原子力が地球を気候変動から守り、エネルギー消費が増大する途上国を貧困から救う唯一のエネルギー源であると説く。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(9件)

知的50.0%切ない33.3%パニック16.7%

  • 加藤憲一郎

    5.0

    反原発派の方々はこの作品を観るべきです

    伊方原発三号機の広島高裁の運転差し止め判決に憤っています。兎も角原発再稼働反対派は情緒的・盲目的過ぎです。そういう方にこそ本作はお勧め出来ます。本作を観れば、原発推進派にならなくとも、少なくとも原発推進に対する客観的な視野を得る事は出来るでしょう。

  • cas********

    2.0

    推進派からしても微妙な作品では?

    気候変動を心配し、 本気でCO2を減らそうと考える人達による 原発推奨映画でした。 日本でよく上映したなコレ、って感じ。 緑豆的な人達が上映に抗議しに来たりしないのかな? とか思ったけどそんな雰囲気もなく。 上映館の1番小さいスクリーンで10人ほどの観客。 メディアもあんまり取り上げないだろうし 話題にもならずスルーされるでしょうね日本では。 アメリカだとサンダンスで話題になったそうだから こういう意見に耳を貸す人もいるのかも。 日本でコレ観に来るような人は多分ほとんどが 知ってる内容だろうし(ロシアの核弾頭リサイクルは知らなんだが) 原発反対に60億票!な人は仮に観たとしても 全否定するだけだと思うなあ。 (温暖化は嘘だ!ってのもよく見るしw) 日本のシーンではガイガーカウンター使うところで 「環境運動家がラフな知識で雑に測ってる」感があったり 推進派にとっても良い作品とは言い難いのでは。

  • dky********

    3.0

    ネタバレ第四世代原子炉というのを知りました

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ヌー

    3.0

    がちがちの推進派映画

    別に原発を反対も推進もしないけど、この映画はかなり原発関連会社から撮影費を出してもらったのかなといった作り。原発も代替エネルギーもそれぞれにメリット・デメリットがあるわけで、どっちが正しいかって問題じゃない。 エネルギーの効率をとるか安全性をとるか。 過去に原発事故で亡くなりなった方々の人数と自動車事故で亡くなった方々の人数ってどれくらい差があるのか。 じゃー、自動車の製造なくしますか?非効率だけど、安全になりますよ。ってことなのかな。

  • yko********

    2.0

    科学的にどうなのか不明

    名古屋での上映期間中に観に行くことができなかったので、東京に行った帰りに観ました。朝一番の上映でしたが、30名くらいが30分前にはすでに並んでおられました。みな、私同様のシルバーかなあ。メッセージとしては、すべての国の発展とCO2削減なのでしょうが、原発反対運動家の方の極端とも思えるメッセージに焦点を当てたり、まあ、メッセージ性の強い映画だからそういう手法なのでしょうが、今いち、ぴんと来ませんでした。 ただ、技術的にすでに安全性の確保が証明されているのであれば、それはもっときちんと知りたいことでした。ちなみに私は被爆二世ですが、一世の母親は多臓器不全で全身癌に蝕まれて死んでいきましたが、逆に、元気な方もおられるため、人体への影響と被害は証明ができていない、つまり、放射線の細胞への影響は各自の個別のDNAと関係があり、未だ解明されていないのだと思っていますので、「?」をつける主張には不快感を覚えました。科学的に主張するのであれば、人類の発展とその陰で淘汰される人間がいる、ということも視野に入れた科学的な議論が必要だ、ということを確認させてくれた映画で、それなりに意義はあるのかと思いますが、地震国、多エネルギー利用が可能な日本での原発推進の根拠になるか、というと「?」だけが残りました。映像や音楽はよくできていると思いました。それで科学的な論証の甘さをカバーしているのであれば、罪だとは思いましたが。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
パンドラの約束

原題
PANDORA'S PROMISE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日