インファナル・ディール 野蛮な正義
3.3

/ 44

11%
27%
43%
14%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)


  • pat********

    3.0

    あっけない

    最初は面白そうかなと思ったが 終盤にかけて少し失速気味に感じた 色々あっけなくて キャスティングは良いのになんかもったいない作品。

  • jsd

    2.0

    しょぼい

    微妙すぎる刑事サスペンス。 バイオレンスはやや強めで、脚本はスティーブンセガールの映画と同じくらいしょぼい。 バイオレンスサスペンス好きはスルー推奨。 この手のジャンル好きな私でもきつい。

  • mat********

    5.0

    無念42歳で死亡、最後のいい映画

    あまりにいい映画だったので監督を調べたら、本作を最後に42歳で死去。 無念至極。 この監督の映画なら見まくってただろうに、監督作品はこれのみ。

  • fg9********

    3.0

    哀感溢れる一見の価値はある作品

     …原題は『Bad Country』なのに、B級臭いタイトルに変えられていたので観るのを止めようかと思ったが、ウィレム・デフォーとマッド・ディロンの名前が見えたので観てみる。  …あらすじは解説のとおりと書くまでもないアルアルパターンで、逮捕されて終身刑のマッド・ディロンが、刑事のウィレム・デフォーから減刑と家族の保護を保証するから、ギャングのボス(トム・ベレンジャー)の悪事をチクレと持ち掛けられて、それに乗るだけの話し。  とツマラナサソウに書いてしまったが、いやいやどうして、マッド・ディロンの家族愛溢れる行動には惚れたし、ウィレム・デフォーの熱き友情にも胸が締め付けられる、なかなか哀感溢れる一見の価値はある作品だった。  どいつもこいつも、口髭がむさ苦しかったのだが……

  • sud********

    5.0

    Wデフォーの侠気(プラトーンファン必見)

    プラトーンから30年、味も貫禄も出て来たW・デフォーの演技に満足。 M・デュロン、N・マクドノー、コマンドーでお馴染みのビル・デューク(あんまり変わっていないのが驚き)らがしっかり脇を固め、プラトーンではデフォーと対立していたトム・ベレンジャーが見せ場を作る。 序盤どの役だかさっぱりわからなかったベレンジャーは今回も?悪い奴らのドン。なんだかプラトーンと似たような構図なのが面白い。 デフォーがアサルトをぶっ放すシーンやベレンジャーのプラトーンさながらの投擲用ナイフさばきも見応えがある。 最後のデフォーとベレンジャーの殴り合い、取調室での対面はプラトーンファンなら見逃せない!そして、ついにエリアス軍曹リベンジなる! 主役のひとりであるM・デュロンもくせのある濃い俳優だが、今回私の中では完全に消えていた。 恐らくプラトーンの二人を意識して制作されたものだと思うが、それらを抜きにしたクライムサスペンスとしても楽しめるものだと思う。

  • hea********

    3.0

    骨太重厚なクライムアクション

    かなり重厚な作品です。 しっかり撮られていて、かなり完成度が高い作品と言えます。 しかし、人気ジャンルであり名作が数多く撮られている部門なので、競合作品に埋もれていますかもしれない作品でもあります。 マット・ディロンとウィレム・デフォーのキャスティングはきっちりはまっているが、旬の人気俳優とは言えず知名度自体が上がらない可能性が高い。 実際まだこの作品のwikiは無く、ネット上でも情報は少ない。 この手の作品によくある複数の組織が情報を隠ぺいしたり、足を引っ張り合ったりという展開は見飽きた感がある。 最後のシーンが「アメリカン・ギャングスター」に似ていた。 これを楽しめた人ならお薦めです。

  • いやよセブン

    4.0

    正義は野蛮!

    組織犯罪を捜査している刑事(ウィレム・デフォー)が、組織の幹部(マット・ディロン)を捕まえ、刑を軽減し、家族も保護するので情報提供者になるよう説得する。 組織に裏切られて捕まった幹部は協力を受け入れるのだが、連邦検事の功名狙いが悲劇を生む。 マット・ディロンの存在感が素晴らしく、映画を引き締めている。

  • スナフキンM

    4.0

    ネタバレクセ物俳優の競演を堪能。カッコいい。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中