レビュー一覧に戻る
ジョーカー・ゲーム
2015年1月31日公開

ジョーカー・ゲーム

1072015年1月31日公開

koume1532

3.0

ネタバレ邦画のスパイ映画は こんなモンか・・

時は、第二次世界大戦 間近の日本。 ジャパニーズスパイ養成所『D機関』にスカウトされた嘉藤次郎(亀梨和也)は、世界を滅ぼしかねない武器の設計図、通称『ブラックノート』を手に入れるため、『魔の都』へ潜入する。 首尾よくブラックノートを手に入れるが、ノーマークだった無国籍スパイのリン(深田恭子)に奪われてしまう。 そこに英国スパイも参戦し、裏切りとロマンスとエンタメ要素 てんこ盛りの争奪戦が始まる・・というストーリー。 まず、『D機関』が本当に実在していたことに驚く。 日本人のスパイ養成所? いやいやぁ、想像しにくい。 今も暗躍してたりして・・。 では、レビューを。 かつて世間を騒がせた、伊勢谷友介さんと小出恵介さんが出ています。 2人とも結構 重要な役。 小出さんは、序盤でD機関から追放されるが、実は裏の任務があり・・という役どころ。←これはバレバレでしたね。 伊勢谷さんは D機関を軍幹部に認めさせ、多額の資金を確保する野心がありました。 結果、狙い通りになりましたが・・この方、顔が胡散臭いんだよねぇ。 そして、『ありえねー!!』アクションの数々。 (1)服の早着替え:逃げながら着替える2人。リンに至っては なぜスカートに?な  ぜ彼女にピッタリのブーツがあるんだー!! この時のコスチュームが『ルパンの娘』を彷彿とさせる。 (2)味方の車が爆破され、死んだと思いきや、防火マントで助かるオチ・・はぁ? そして最大の『そんなバナナ』大賞は、火薬に引火するライター! 着火したまま落としたなら、可能性があるかもだけど、あちこちにぶつかりながら点火するは・・ありえんやろー!!←おいでやす風に。 『ルパン三世』や『名探偵コナン』なら許せるんだけどねぇ。 実写ではねぇ、どうしても辛口評価に。

閲覧数894